弱虫ペダル

【弱虫ペダル】703話のネタバレ【峰ヶ山の激坂に突入!!!!!】

弱虫ペダル703話の要約と注目ポイントをまとめています。703話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、弱虫ペダルの内容を振り返りたい方はご活用ください。

弱虫ペダル703話のネタバレ

坂道は一年生レースで今泉を抜いた時のことを思い出していた。

寒咲と通司から当時の金城・田所・巻島も今の坂道たちのように一年生の活躍に心踊らされていたことを教えられる。

六代たちは木中までもう2〜3mのところまで距離を詰めていた。峰ヶ山でもっとも斜度がきつい激坂に差し掛かる。

恭ちゃんは壁のような傾斜に驚きを隠せなかった。今泉が「こういう斜度が極端に変化する道は経験の差が出やすい」「木中は激坂の前から足を回して慣性で登り、あとは踏み込んだ」「みごとな追い上げだったが追走3人はここで脱落」と言うが、六代は一人坂を登っていた。

<<前の話 703話 次の話>>

【弱虫ペダル】全話ネタバレ一覧【最新話あり】弱虫ペダルのネタバレ記事を一覧でまとめています。弱虫ペダルの今までの話を振り返りたい方はこちらのページをご活用ください。 弱虫ペダルの...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。