弱虫ペダル

【弱虫ペダル】700話のネタバレ【六代たちが先頭に追いつく熱い展開に!!!】

弱虫ペダル700話の要約と注目ポイントをまとめています。700話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、弱虫ペダルの内容を振り返りたい方はご活用ください。

弱虫ペダル700話のネタバレ

六代たちは先頭から脱落した初心者組に追いつき追い抜かす。

余裕で抜いていくケイちゃんたちの姿を見て「結局フィジカルの差かよ」と言うが、六代もついていってることに驚いていく。

六代たちは山に入り登り坂が多くなっていることに気づく。見えてる峰ヶ山まで登り、その後下ってダムを回ってゴールと聞き、ロクちゃんと恭ちゃんは「4Q制のバスケとは大違いだ」とロードレースのきつさを実感する。が、「気合い入れればいけるような気がしてきた」と気合いを入れる。

恭太郎とケイちゃんは先頭に追いつくべくスパートをかける。

バンは先頭に追いついており、木中・村紙・古屋の3人がお互いに探り合っていることに気づく。一番登りが強いのは峰ヶ山中学の部6位の古屋だった。

坂道は六代たち3人が先頭に追いついてくることを信じていた。

ハイペースで自転車を漕ぐが、六代たちはまだ先頭を捉えられていなかった。が、体育館という真夏でもクーラーがない状況で我慢を続けた恭太郎とケイちゃんは「あれに比べりゃ何でもかわいいもんだぜ」と坂を登る。恭太郎とケイちゃんのバスケ部は「これが決まれば全国大会」というところまできていたようである。

六代、恭太郎、ケイちゃんの3人がついに先頭に追いついていく。

<<前の話 700話 次の話>>

【弱虫ペダル】全話ネタバレ一覧【最新話あり】弱虫ペダルのネタバレ記事を一覧でまとめています。弱虫ペダルの今までの話を振り返りたい方はこちらのページをご活用ください。 弱虫ペダルの...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。