弱虫ペダル

【弱虫ペダル】697話のネタバレ【1年生レースが早くもやばい展開に・・・】

弱虫ペダル697話の要約と注目ポイントをまとめています。697話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、弱虫ペダルの内容を振り返りたい方はご活用ください。

弱虫ペダル697話のネタバレ

「負けたら自転車部のマネージャーに」という話を聞かされ、六代は「その手があったか」と天然っぷりを発揮する。

六代の反応を見た木中は、六代が勝つ気なく走っていることを理解し、「遊びじゃねぇぜ」と経験者組は皆勝つことを考えて真剣に走ってることを伝える。そして、インターハイレギュラーを目標としてることを宣言した。今主人公は完全に彼です。

その言葉にハッとした六代は「この1年生レースで勝ったらインターハイに出れるの!?」と口にし、木中は「おまえがオレたち経験者全員を抜いて真っ先にゴールすればな」と伝えた。六代は木中のおかげで自分の気持ちをはっきりと口にできたことに感謝していく。

先輩組はバンで1年生たちを追う。ちなみに川田も1年生レースに参戦するつもりだったが、今泉に「おまえの脚じゃまだトントンだぞ?」と言われ、ビビって部室に残ることにしたようだ。

1年生たちは追い禁は解除されてる田園区間に入っていた。すでに前から千切れた3人たちの姿があった。

経験者3人と初心者3人が先を走っていく。

六代を除く初心者2人はまだついていけそうだった。六代が落ちそうになると、木中はさらにペースを上げる。

坂道は先頭から離された六代と思わしき姿を発見してしまう。

<<前の話 697話 次の話>>

【弱虫ペダル】全話ネタバレ一覧【最新話あり】弱虫ペダルのネタバレ記事を一覧でまとめています。弱虫ペダルの今までの話を振り返りたい方はこちらのページをご活用ください。 弱虫ペダルの...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。