弱虫ペダル

【弱虫ペダル】696話のネタバレ【新1年生の木中がやばいwww】

弱虫ペダル696話の要約と注目ポイントをまとめています。696話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、弱虫ペダルの内容を振り返りたい方はご活用ください。

弱虫ペダル696話のネタバレ

1年生レースが始まろうとしていた。六代は初めてのレースに緊張しまくっていた。そんな六代に坂道が声をかける。

小野田のおかげで六代は手の震えが止まっていた。そして、1年生レースが始まっていった。

1年生たちは追い抜いてはいけない市街地区間を一列で走っていた。先頭は村紙、古屋、木中経験者3人。

木中は上級生がいないこのレースは「オレの好きに走れる」とテンションを上げていき、「ロードレースなめるなよ?」と他の1年に告げた。木中は急にブレーキをかけて故意に後ろとぶつかっていく。

これで木中は後ろと距離を取り走りやすくしていた。さらに、六代の元に行き「もしオレに負けたら自転車部の「マネージャー」になるっていうのどうだ」と告げた。いや、木中さん負けフラグ全開ですやんww

<<前の話 696話 次の話>>

【弱虫ペダル】全話ネタバレ一覧【最新話あり】弱虫ペダルのネタバレ記事を一覧でまとめています。弱虫ペダルの今までの話を振り返りたい方はこちらのページをご活用ください。 弱虫ペダルの...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。