ワールドトリガー

【ワールドトリガー】96話のネタバレ【千佳の狙撃で橋が落とされる】

ワールドトリガー96話のネタバレを掲載しています。96話では、千佳の狙撃によって橋が落とされ、東岸と西岸に戦いが分けられる。那須隊の熊谷は、遊真と村上のチームのエースと対決していくことに。ワールドトリガー96話の内容を知りたい方はご覧ください。

ワールドトリガー96話のネタバレ

今までの一番

三上が「川の西岸に転送されたのはアタッカー三人と那須隊の日浦隊員」お互い朧げにお互いを視認したか、四人ともまっすぐに橋を目指す」と実況していく。

三上が「橋まで一番近いのは熊谷隊員」「次いで日浦隊員、村上隊員が同じくらい」「空閑隊員はやや遠め」「全員射線お構い無しの最短ルートを選択しています」と実況していくと、太刀川が「なんせ視界が超わるい」「長距離スナイプはまずないと踏んだんでしょう」と解説していく。

三上が「なるほど」「一方で東岸の隊員は橋には向かわない」「玉狛第二、鈴鳴第一ははっきりと合流を優先」「西岸からチームメイトが渡ってくるのを待つ構えか」「那須隊長も橋を取りに行くというよりは、まっすぐ川岸を押さえに行くという動き」と実況すると、迅は「千佳ちゃ、じゃない」「雨取隊員の大砲を警戒してますね」「橋を取っても渡るとこを砲撃されるとあぶない」「射撃で玉狛第二を牽制する役です」と解説していく。

鈴鳴第一スナイパーの別役が「ぼんやりですけどぉ、玉狛のメガネくんと那須先輩は見えました」「バッグワームで消えてるので雨取ちゃんじゃないすかねー?」「この風じゃ日浦さんは使ってなさげ」と伝えると、オペレーターの今が「OK、タグ付けとく」と返していく。来馬が「今ちゃん、向こう岸の人たちの位置を」「太一、川のほうに走るんだ」「空閑くんはグラスホッパーを持ってる」「川の上を跳んでくるかもしれない」「もしそう来たら川の上で撃つんだ」「当たらなくてもバランスが崩れれば落ちる」「那須さんのバイパーに気をつけるんだよ」と伝えていく。

宇佐美が「来馬先輩と那須ちゃんが川岸に向かってる」「たぶん太一くんも」「川を跳んで渡るのは難しいかも」と伝えると、遊真は「やばいな」「もう誰か橋に着くぞ」と返していく。三雲は「橋を落とされたら最悪空閑だけが向こう岸に」「いや、本当に最悪なのは空閑と村上先輩が向こうに残って、那須隊がこっちで三人揃うことだ」と考えていた。

太刀川は「こりゃ那須隊の作戦が当たるぞ」「このまま橋を渡ってついでに落とす」「全員が爆破用のメテオラを持ってるはずだ」と解説していく。

橋に到着した熊谷が「転送位置がよかった」「どっちか片方だけでもって思ってたけど、空閑くんと村上先輩両方切り離せれば最高の展開」と考えながら「橋は押さえた、早く来い茜」と伝えていく。

前日那須邸にて、日浦が「どぅわあああ〜」「やっぱりダメでしたあああ〜」「もう引越しする日も決めたってええ〜」と大泣きしていた。

オペレーターの小夜子が「引越しっていつ?」と聞くと、日浦は「わたしが卒業したらすぐって言ってました」「転校ももう転入手続きしてるって」と答えていく。

日浦が「すみまぜ〜ん」「もっとこのチームにいたがったです〜」とまた泣き出すと、那須は「まだ何試合かあるわ」「私たちの最高順位はB級8位」「それを越えよう、あと何試合できるかわからないけど」「今までの一番を獲ろう、最後にこの四人で」と伝えていた。





こっち側は私が全員倒す

那須と三雲が対峙していた。

熊谷が「風向きが変わった」「茜はギリギリ追いつかれる」「でも大丈夫」「数秒、ほんの数秒だけ、あたしが村上先輩を止められれば」と考えていたが、千佳の狙撃によって橋が落とされていく。

千佳の砲撃によって橋が落とされ、熊谷の元に村上が迫る。

小夜子は「今撃っちゃだめだよ茜」「もっと退がって、クガくんに捕まる」と日浦に伝え、那須には「橋が落ちました、二人は来れません」と伝えていく。

那須は「そう、わかった」「じゃあ、こっち側は、私が全員倒す」「だからそっちも、二人で点を取って」と言い放つ。

熊谷は迅に「たぶん今個人戦のブースで熊谷ちゃんの次の相手二人が10本勝負してる」という言葉を思い出しながら「そういうことね、やってやろうじゃないの」と村上、遊真と戦うことを決める。

<<前の話 96話 次の話>>

【ワールドトリガー】全話・全巻ネタバレ一覧ワールドトリガーのネタバレ記事をこちらにまとめております。ワールドトリガーの今までの話をこちらから振り返ることができるので、今までの話を...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。