ワールドトリガー

【ワールドトリガー】88話のネタバレ【市街地Cで玉狛第二VS諏訪隊VS荒船隊のランク戦が開始】

ワールドトリガー88話のネタバレを掲載しています。88話では、ステージ選択権がある玉狛第二が、スナイパー有利のステージである市街地Cを選んだことが明らかになる。玉狛第二・諏訪隊・荒船隊の三つ巴の戦いが始まっていく。ワールドトリガー88話の内容を知りたい方はご覧ください。

ワールドトリガー88話のネタバレ

クソMAP

武富が「B級ランク戦新シーズン、二日目・夜の部がまもなく始まります」「実況は本日もスケジュールがうまいこと空いたわたしく武富桜子」「解説席には先日の大規模侵攻で一級戦功をあげられた東隊の東隊長と草壁隊緑川くんにお越し頂いています」と解説を紹介していく。

武富が「今回の注目はなんと言っても前回完全試合で8点をあげた玉狛第二」「注目度の高さからか会場にはちらほらと非番のA級の姿が見られます」「さて東さん、一試合で8点というのはあまりお目にかかれませんが」と言うと、東は「いやすごいですね」「それだけ玉狛第二が新人離れしてるってことでしょう」と言い、緑川は「遊真先輩は強いよ、あっという間にB級上がってたし」と言う。武富が「緑川くんは玉狛の空閑隊員とソロで戦ったというウワサが」と言うと、緑川は「うわ、その話ここでする?」「8-2で負けました、ボッコボコでした」「でも、今度また10本勝負する約束したから次は勝つよ」と答えていく。

武富が「玉狛第二の今日の相手は、接近戦の諏訪隊に長距離戦の荒船隊、スタイルが明確な部隊です」と言うと、東が「順位が低い玉狛第二はステージ選択権があるので、まずは地形で有利を取りたいところですね」と言う。

玉狛第二が選んだのは坂道と高低差のある住宅地「市街地C」だった。

武富が「しかしこれは、スナイパー有利なステージに見えますが?」と言うと、東は「スナイパー有利ですね」「道路を間にはさんで階段状の宅地が斜面に沿って続く地形です」「登るにはどこかで道路を横切る必要があるので、スナイパーが高い位置を取るとかなり有利です」「逆に下からは建物が邪魔で身を隠しながら相手を狙うのがむずかしい」「射程がなければなおさらです」と答えていく。武富が「玉狛にも超強力なスナイパーがいます」「高台を取れればあるいは、という作戦でしょうか?」と聞くが、東は「うーん、どうだろう」「スナイパーの熟練度が違いますから普通にやれば分は悪いと思いますね」と返していく。武富が「となると、スナイパーのいない諏訪隊は」と言うと、緑川は「いやー超きついでしょ」「上取られたら動けないよ」「今頃諏訪さん切れてるんだろーなー」と返していく。

案の定諏訪は「はぁ!?市街地「C」!?」「ざっけんな、クソMAPじゃねーか」「おとなくしAかBにしとけよ」とブチギレていた。

小佐野が「スタートはバラバラだからまだチャンスあるよ」と言うと、諏訪は「取られる前に全力で高台取るしかねーな」「ここで勝ちゃ上位入りだ、やるぞ」と意気込んでいく。

荒船隊は玉狛第二がスナイパー有利な市街地Cを選んだことを不思議がっていたが、荒船は「一応玉狛第二のスナイパーには注意しろよ」「あとはいつも通りだ」と伝えていく。



こっからはおれの仕事

玉狛第二の作戦室で三雲隊が揃いの隊服で準備をしていた。

宇佐美が「負けても死ぬわけじゃないよ、自分たちが考えたことをしっかりやっといで」と伝えると、転送が始まっていく。

転送が完了し、各隊員一定以上の距離をおいてランダムな地点からのスタートとなる。

そして、スナイパー四人がバッグワームを起動し、レーダー上から姿を消していく。

スナイパー三人の荒船隊がまっすぐ高台を目指し、諏訪隊はそれを追う。玉狛第二は追わずにチームの合流を優先させていく。東は「転送直後は一番無防備な時間帯ですからね」「合流するのはありです」と解説していく。

笹森が「このままじゃ荒船隊に上を押さえられる」「転送位置が悪かった、急げ」と高台を目指していくが、道路に飛び出て狙撃されそうになったところを諏訪に助けられる。

東が「穂刈の牽制ですね」「かわされましたが諏訪隊は進みづらくなった」「いい仕事です」と解説していく。

この隙に荒船が脇をすり抜けて登っていき、荒船隊が完全に上を取る展開となる。

千佳が下から荒船目掛けて狙撃していく。

「素人が、位置がバレバレだぜ」と荒船隊が集中狙撃を行うが、三雲がシールドでなんとか防いでいく。

三雲は「もう一発だ、千佳」「今光ったところを狙え」と指示し、荒船を狙撃していく。

武富が「この威力、もはや砲撃」「玉狛第二、意外にも撃ち合いを挑んだ」「東隊長、この展開はどう思われますか!?」と聞くと、東は「なるほど」と考えながら「玉狛第二の分が悪いですね」「威力はあっても下からでは荒船隊の動きが見えない」「そのうえ撃つたびに自分の居場所がばれる」「逆に上にいる荒船隊からは的がよく見える」「シールドを何枚張ってもガードが崩れるのは時間の問題です」と答えていく。

武富が「東隊長の解説の通り、玉狛第二が一方的にダメージを受けていく」「本職相手にスナイパー勝負は無謀だったか!?」と実況していくが、東は「いや、端から勝つ気はないようです」と解説していく。

諏訪が荒船を狙う。

東が「さっきの砲撃は諏訪隊の援護ですね」「長距離戦で荒船隊に勝てないのは織り込み済み」「ステージの選択から敢えて状況を荒船隊有利に偏らせることで、諏訪隊と玉狛第二の利害を一致させた」「玉狛第二は、地形戦をよく練ってますね」と解説していく。

三雲が「荒船隊を捕まえた」「このまま乱戦に持ち込むぞ」と言うと、遊真は「OK、こっからはおれの仕事だな」と言い放つ。

<<前の話 88話 次の話>>

【ワールドトリガー】全話・全巻ネタバレ一覧ワールドトリガーのネタバレ記事をこちらにまとめております。ワールドトリガーの今までの話をこちらから振り返ることができるので、今までの話を...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。