ワールドトリガー

【ワールドトリガー】79話のネタバレ【三輪が風刃を起動】

ワールドトリガー79話のネタバレを掲載しています。79話では、トリオンをキューブ化するアレクトールから身を守るために、三雲が生身の身体となり決死の覚悟で基地の入り口に突っ込んでいく。三輪はハイレインを倒すため、ブラックトリガーの風刃を起動させていく。ワールドトリガー79話の内容を知りたい方はご覧ください。

ワールドトリガー79話のネタバレ

トリガーオフ

遊真に身体を貫かれたヴィザが「馬鹿な」「生身では決してトリオン体を破壊できないはず」「つまり、これは換装前からトリオン体だったということか!?」と考えながら「やれやれ、これだから戦いはやめられない」と呟く。

ヴィザが「申し訳あ・・・ません」「突破され・・・した」「ご安・・・を・・・」「「オルガノン」・・・は無事です・・・」「しかし、お気を付けください」「ブラックトリガーの使い手がそちらへ向かっています」とハイレインたちに伝えていく。

遊真がハイレインの方に向かうと、レプリカが「戦闘体を失った、トリオンも残りわずかだ」と伝えるが、遊真は「残りは全部「印」にする」「バウンドと遠くからでも殺せるやつだ」と返していく。

三輪と対峙するハイレインが「ヴィザが敗れた?信じられん」と考えながら「ミラ、「金の雛鳥」はどうなった?」と聞くと、ミラは「申し訳ありません」「ミデンのラービットに気をとられました」「マーカーは外されましたが、動きは捕捉しています」「護衛の自律トリオン兵は始末しました」と答え、ハイレインは「「金の雛鳥」の運び手は片足が死んでる」「この邪魔者を先にやるぞ」と伝えていく。

レプリカが「ユーマは今こちらに向かっている」「だが、到着にはまだ時間がかかる」「三輪がやられれば我々は逃げ切れない」「やり方はオサムに任せるが、作戦を実行にうつすなら三輪が戦っている今しかない」と伝えると、三雲は「わかってる」「千佳を守るためだ」「覚悟は決まった」と返していく。

屋上のラービットが一体やられていく。

その隙に三雲が走ると、ハイレインが「運び手を狙ったまま待て」と伝え、アレクトールで三雲を狙うがラービットが防いでいく。

ハイレインがラービットを仕留め、ミラがトゲで三雲を攻撃していく。

さらに、トリ型のアレクトールが襲いかかるが、三雲は「ここからが勝負だ」とトリガーをオフにしてトリオン体を解除して走っていく。

換装を解いたことでハイレインのアレクトールが無力化していく。





風刃起動

三輪が「おまえらの相手は俺だ」と言い放つと、ハイレインは「煩いぞ」とミラのゲートを通して三輪の背後にアレクトールを送り込む。

が、三輪は烏丸のデータから「それはもう知ってる」とバイパーを放っていく。

そして、ハイレインとミラにバイパーが突き刺さる。

さらに、三輪がハイレインに斬りかかるが、ミラがゲートで三輪をワープさせていく。

ミラが「「金の雛鳥」を」とワープゲートを開こうとするが、トリオン切れで使うことができなかった。

ハイレインが「やつは砦までおよそ20歩」「だが、相手は生身、すぐに追いつく」と三雲を追うと、遊真と三輪が同時にレプリカに「敵の位置を教えろ」と言う。

遊真はブースト+ボルトクインティを発動していく。

三輪は風刃を起動していく。

未来の分岐点まであと7秒。

<<前の話 79話 次の話>>

【ワールドトリガー】全話・全巻ネタバレ一覧ワールドトリガーのネタバレ記事をこちらにまとめております。ワールドトリガーの今までの話をこちらから振り返ることができるので、今までの話を...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。