ワールドトリガー

【ワールドトリガー】77話のネタバレ【レプリカが死亡!?】

ワールドトリガー77話のネタバレを掲載しています。77話では、遊真の策でヴィザに怒涛の攻撃を仕掛けていくが、それでもヴィザには及ばなかった。ミラに行く手を阻まれる三雲の元に、レプリカのラービットが駆けつけるが、レプリカがミラによって破壊されてしまう!?ワールドトリガー77話の内容を知りたい方はご覧ください。

ワールドトリガー77話のネタバレ

あなたで8人目

遊真が「爺さんはさ、自分より強いやつと戦ったことあんの?」と言うと、ヴィザは「はて、有利な相手、不利な相手なら覚えがありますが、真に己より強いか弱いかは、勝負決して判ることでありましょう」と返し、遊真は「なるほど、強いやつのセリフだ」と言う。

現在の状況。

遊真が姿を消すと、ヴィザは「撤退、というわけでもなさそうですな」「できれば向こうの決着がつくまでおしゃべりをしていたかったが」「向かって来るならば手は抜きますまい」とオルガノンを放っていく。

レプリカが「今の私のサイズでは複合印や多重印を使うには時間がかかる」「最初の蹴りで付けたチェインも外された」「まともにやり合っては分が悪いぞ」と伝えると、遊真は「わかってる」「火力勝負にはつきあわない」とエコーを発動する。

遊真がヴィザの下からブーストで襲いかかる。

さらに、事前に仕込んでいたボルトをヴィザに放っていく。

が、ヴィザはオルガノンで防ぎ「「オルガノン」に対して足下の死角から攻めてきたのはあなたで8人目ですな、追撃もしっかりしている」「なかなか悪くない攻撃でした」と言い放つ。





悪あがきは好きじゃないの

三輪とハイレインの戦闘が続く。

三輪が足下のクラゲのアレクトールにぶつかるが、レプリカがシールドで防いでいた。

三輪が「失せろ、ネイバーの手は借りない」とレプリカに言い放つが、レプリカは「戦いに集中しろ」「おまえのためにやってるわけじゃない、謝意は無用だ」と伝えていく。

ハイレインが「あれはヴィザが言っていた自律トリオン兵」「「アレクトール」を見せすぎたか」「じっくりやればいくらでも勝ち筋はあるが、今はその時間が惜しい」と考えながら、「思ったより手こずりそうだ」「ミラ、そっちはどうなっている?」と連絡を取る。

ミラは三雲と交戦しながら「間もなく目標を捕えます、問題ありません」と返し、ハイレインは「よし、俺もそちらへ向かう」「金の雛鳥を捕え次第艇で離脱する」と伝えていく。

ミラが三雲の行く先にワープで先回りし「あきらめなさい、悪あがきは好きじゃないの」と言い放つ、レプリカは「ワープが正確すぎる、これは」と考えながら「発信機か」と言う。ミラが「気づくのが遅かったようね」と言うと、レプリカは「いや、そうでもないようだ」と返し、レプリカのラービットが現れる。

ミラがトゲでラービットを攻撃していくが、「これが私たちのと同じラービットだとしたら、「小窓」では殺せない」「「大窓」でこいつを飛ばすには、トリオンの消費が大きいわ」「私も隊長も、相性が悪い相手と戦わされている」と考えていた。

レプリカが「ラービットから離れすぎるな」「ワープで先回りされる」と伝えると、三雲は「この戦力はでかい」「ラービットがいれば、こいつを切り抜けられる!?」と考えていたが、「言ったはずよ?悪あがきは好きじゃないの」とレプリカがミラのトゲによってやられてしまう。

未来の分岐点まであと94秒。

<<前の話 77話 次の話>>

【ワールドトリガー】全話・全巻ネタバレ一覧ワールドトリガーのネタバレ記事をこちらにまとめております。ワールドトリガーの今までの話をこちらから振り返ることができるので、今までの話を...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。