ワールドトリガー

【ワールドトリガー】75話のネタバレ【迅の予知通り三雲の危機に三輪が駆けつける】

ワールドトリガー75話のネタバレを掲載しています。75話では、三雲がボーダー基地目前の所まで来るが、ハイレインとミラに行く手を阻まれる。どうしようもなくなった三雲の危機に、迅の予知通り三輪が駆けつけてくる!?ワールドトリガー75話の内容を知りたい方はご覧ください。

ワールドトリガー75話のネタバレ

最終障壁

レプリカが「最終確認をしよう」「基地までおよそ120メートル」「基地の入り口が閉まっていたら私が開ける」と確認していくと、三雲が「開けるのはどのくいらかかるんだ?」と聞き、レプリカは「基地はほとんどトリオンで造られているようだ」「ネイバーフッドと同じ仕組みなら簡単に開けられる」「こちらの技術が組み込まれている場合は、仕組みの解析に数分はかかるだろう、こちらの機械は複雑だからな」「解析は子機でもできる、先行させて解析させておこう」と子機を飛ばし、「あとは我々が入り口に辿りつくだけだ」と伝えていく。

ハイレインのアレクトールが飛んでくると、レプリカがシールドで防ごうとするが、シールドがキューブ化されていく。

レプリカが「とりまりの情報では、あの弾丸はトリオンにしか作用しない」と言うと、三雲が「じゃあ、建物をカベにして」と言うが、レプリカは「いや、それでは遠回りになる」「こっちだ」と三雲と共に建物の中を進んでいく。

レプリカが「このまま建物を突っ切って行こう」「上からも死角になる」「閉じ込められないように注意しろ」と伝え三雲が建物の中を進んでいく。

ハイレインは「対策に迷いがない」「「アレクトール」の特性をさっきの誰かが伝えたか」「ミデンのトリガーの厄介なところだな」「ここでもたついては孤立させた意味がない」と考え、ミラに「上はラービットに任せて下りて来い」と伝える。ミラが「おそらく突破されますがよろしいのですか?」と聞くと、ハイレインは「ああ、もう大して時間はかからない」と伝え、ミラがハイレインの元に向かう。

すると、ラービットがボーダー基地を思い切り殴りつけていく。

奈良坂たちがミラが消えたことを確認すると、当真は「よっしゃ、3分で片付けようぜ」と言い放つ。

建物内を移動する三雲が「攻撃は?」と聞くと、レプリカは「今のところないな」「このまま行こう、あと6・7軒抜ければ基地の前に出る」と伝えていく。

三雲が「静かすぎる」「もう追って来ないのか?」と考えていると、ミラのワープゲートを通じてハイレインのアレクトールが迫ってくる。

三雲が「こっちはだめだ、別の部屋から」と移動しようとするが、足元のクラゲのアレクトールに当たってしまい、左足がキューブ化してしまう。

レプリカの指示で三雲が建物から出ると、レプリカが「立てオサム、あと少しだ」「入り口の解析ももう終わる」と伝えていく。





他人に縋るな

「あら、何をしてるのかしら?」とレプリカの子機がミラに発見されてしまい、破壊されてしまう。

レプリカが「まずいな、もう一人の人型が下りて来た」「情報によると空間をつなげるブラックトリガー使いだ」「入り口を押さえられた」と伝えていくと、三雲の元にハイレインが近づいてくる。レプリカが「ワープ使いをかわして強引に基地に入るか、今から別の入り口へ向かうか、逃げてユーマや迅が駆けつけるのを待つか」「まともに戦っては勝ち目はない」と言うと、そこにボーダー隊員が近づいて来る。

ハイレインが「まだ兵が残っていたのか」「あれだけ派手にやれば、付近の使い手はすべて誘引できたものと思っていたが」と考えていたが、「標的を確認した」「処理を開始する」と三輪が近づいて来る。

三雲を確認した三輪は「あくまで俺を使う気か、迅」と言い放つ。三輪が迅の言葉を思い出し「ふざけるな、おまえの思惑には乗らない」「三雲が死のうが死ぬまいが、俺には関係ない」と考えていると、三雲が「千佳を、こいつを頼みます」「キューブにされたうちの隊のC級です」「ぼくはここでネイバーを食い止めます」「千佳を、千佳を助けてやってください」と言い、その姿がかつての自分と重なっていく。

そして、「知るか」「他人に縋るな」と三雲を蹴り飛ばしていく。

ハイレインが「なんだ?おまえはあいつの味方じゃないのか?」と言うと、三輪は「黙ってろネイバー」「どちらにしろ、おまえは俺が殺す」と言い放つ。

<<前の話 75話 次の話>>

【ワールドトリガー】全話・全巻ネタバレ一覧ワールドトリガーのネタバレ記事をこちらにまとめております。ワールドトリガーの今までの話をこちらから振り返ることができるので、今までの話を...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。