ワールドトリガー

【ワールドトリガー】70話のネタバレ【忍田本部長の登場方法が最強すぎるww】

ワールドトリガー70話のネタバレを掲載しています。70話では、訓練室で戦う諏訪隊のおかげでエネドラのブラックトリガーの秘密が明らかになる。そこに、ボーダー最強の男忍田が駆けつけ、エネドラとの戦いに参戦していく。ワールドトリガー70話の内容を知りたい方はご覧ください。

ワールドトリガー70話のネタバレ

レプリカVSラービット

レプリカがラービットを殴りつけていく。

ラービットが砲撃を放つがレプリカはシールドで防ぎ、逆に射撃で反撃していく。

三雲が「こいつは空閑のトリガーを使えるのか」と考えながら「強い」と言うと、レプリカは「立てオサム」「「キューブ化」の能力を外してかなりコストを抑えてあるが、私の内臓トリオンでは二体目のラービットは作れない」「もし増援が来れば分が悪くなる」「解析完了、磁力を中和する」「今のうちに離れろ」と三雲を逃走させていく。

三雲が「レプリカの本体がこっちに来て空閑は大丈夫なのか!?」と言うと、レプリカは「問題ない」「オサムとチカの救援を優先する」「ユーマ自身が決めたことだ」と返していく。

レプリカが「急ごう、迅の予知によればオサムとチカが基地に入れるかどうかが未来の分かれ目になる」「基地へ侵入したブラックトリガーは、現在訓練室に閉じ込められているらしい」「今なら安全に基地に入れる」「もし入り口が開かなければ、多少時間はかかるが私が侵入して開けよう」と伝え、三雲は基地へ急いでいく。



やんちゃ小僧

依然、仮装戦闘モードで諏訪隊がエネドラと戦っていた。

エネドラが「だんだんわかってきた」「このクソ部屋の仕組み」「オレもこいつらもトリオン攻撃のダメージがゼロにされるって感じか?」「まともに戦うだけムダだぜ」「なのにピョンピョン跳ね回りやがって」「何がしてーんだ?こいつらは」と考えていると、諏訪の乱射がエネドラの硬質化した部分を捉える。

諏訪が「お!?」「今の手応え、ひょっとして当たりか?」と言うと、オペレーションルームの堤が硬質化したトリオン反応部位をマークしていく。

諏訪が「はっはぁ、弱点見つけたぜ」と乱射していくが、エネドラは「あーあーなるほど、そういうことか」とダミーを増やし撹乱していく。

エネドラが「くっくっ」「猿が知恵絞ってんのを見んのは楽しいなぁ」「死ぬまでそのレベルでキーキー言ってろ」と諏訪の体内からブレードを生成していく。

風間隊オペレーターの三上が「敵のトリオン反応が訓練室に充満していきます」と言うと、風間は「これではっきりしたな」「やつのブラックトリガーの能力は、「液体だけでなく」「気体にも変化できる」」と言う。

エネドラが気体化したことでコンパネに触れ扉が開き仮装戦闘モードが終了となる。

エネドラが「無敵タイムは終わりか?」「ヒマつぶしにしかなんなかったな」と部屋を破壊していく。

鬼怒田が「いかん、ブラックトリガーが出てきおったぞ」「忍田本部長はまだ着かんのか!?」と言うと、根付は「もう少しかかるでしょう」「エレベーターに数百メートルの通路」「訓練室まではかなりの距離があります」と言うが、城戸は「あの男がまともに通路を行けばな」と言い放つ。

忍田は基地の壁を伝って超ショートカットをしていた。

忍田が訓練室に到着すると、旋空弧月を放っていく。

忍田が諏訪隊を労い「鬼怒田さん、悪いが壁を修復してくれ」「こいつを逃がすわけにはいかないからな」と言うと、エネドラは「あぁ?誰が逃げるって?」「この程度でオレに勝てる気でいんのか!?雑魚トリガーが」と言い、忍田は「当然だ」「貴様のようなやつを倒すため、我々は牙を研いできた」と返していく。

未来の分岐点までおよそ960秒。

<<前の話 70話 次の話>>

【ワールドトリガー】全話・全巻ネタバレ一覧ワールドトリガーのネタバレ記事をこちらにまとめております。ワールドトリガーの今までの話をこちらから振り返ることができるので、今までの話を...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。