ワールドトリガー

【ワールドトリガー】65話のネタバレ【迅がヒュースの拘束に成功】

ワールドトリガー65話のネタバレを掲載しています。65話では、迅が地下道でヒュースと戦い、ヒュースの地下の暗さを活かした攻撃に苦戦していくが、エスクードで捕らえることに成功する。ボーダー内に侵入したエネドラと諏訪隊が交戦し、エネドラに追い詰められるが、ボーダーの仮想戦闘モードによって諏訪隊が無限のトリガーでエネドラに挑んでいく。ワールドトリガー65話の内容を知りたい方はご覧ください。

ワールドトリガー65話のネタバレ

おれにはおまえの未来が見えるんだ

迅がヒュースと交戦していく。

迅が「思ったよりあっさり分断できたな」「これでかなり楽になった」と言うと、ヒュースは「地下道」「狭さと暗さがポイントだ」「こいつも何か仕掛けをしてくるタイプか?」「やつには何やら攻撃を見切る能力もあるようだが、暗い場所ならこちらも有利に戦える」と考えながら、暗さで見えなくなったカケラを飛ばしていく。

さらに、ヒュースはランビリスで体を覆い暗さに溶け込んでいく。

さらに、四方八方から迅を攻撃していく。

迅の腕にランビリスのカケラを付けたことで、磁力で壁にくっ付けていく。

ヒュースが「思いのほか楽に捕えられたな」「貴様の仲間は迷わず自分の腕を斬ったぞ」と言うと、迅は「ふーむ」「「磁力」に「反射」、凝ったトリガーだな」「いろいろ便利だし使い手のウデもいい」「大事な戦力だろうに」「なんで、なんでお前はここで見捨てられるんだ?」と言い放つ。

ヒュースが「貴様、ふざけたことを」と突っ込むが、迅は「はい、予測確定」とエスクードで捕らえ、「ふざけてなんかないよ」「おれには、おまえの未来が見えるんだ」と伝えていく。





仮想戦闘モード

宇佐美が烏丸に「風間隊の歌歩ちゃんと連絡取れたよ」「人型ネイバーが本部基地に侵入」「しかも、ブラックトリガーだって」「基地に入れなくなってるのはそれが原因みたい」と伝えると、烏丸は「入れなくても基地には向かう」「迅さんがそう指示したってことは何か意味があるはずだ」と三雲に伝えていく。

エネドラによって通信室が壊滅的被害を受けていた。

忍田が「救護班、いつでも出られるように待機しろ」「人型をやり過ごしてから救助に向かえ」と指示し、沢村が「研究室には、諏訪隊員のキューブ解析班が残っています」と伝え、根付は「よりによって避難していない区画に侵入されるとは」と言い、鬼怒田は「エンジニアは全員護身用トリガーを起動して退避せい」「ラボは放棄してかまわん」「いいか、絶対に死ぬなよ」と連絡していく。

ボーダー内のトラップがエネドラを射撃していくが、エネドラにはまったく通用しなかった。

エネドラが「トリガー使いはいねーのか?」「さっさと出てこねーと、片っ端から刻んでっちまうぞ?」とボーダー隊員を襲おうとすると、諏訪隊の諏訪が銃を放つ。

エネドラが「出たな、雑魚が」「誰も遊んでくれねーのかと思って心配したぜ」と諏訪隊に対峙すると、諏訪が銃を乱射するがエネドラにはまったく効いていなかった。

諏訪が「こいつ全然効いてねーっぽいぞ」「これマジでどっかに急所あんのか!?」と言うが、風間は「ある」「トリオン体である以上、伝達脳と供給機関は必ずある」「常に体内を移動させて的を絞らせないようにしているだけだ」「端から端まで虱つぶしにいけ」「お前たちのトリガーはそれに適している」と伝えていく。

諏訪がエネドラを射撃しようとするが、エネドラの斬撃で腕を斬られてしまう。

エネドラが「さっきのチビどもはチョロチョロかわしてムカついたが、てめえらはそうでもねーなあ」「なんの芸もねえ、雑魚そのものだぜ」と諏訪の体を貫いていくが、仮想戦闘モードをONにしたことで諏訪の体が復活していく。

エネドラが「どうなってんだ!?」「今ぶった斬った腕が!?」と考えていると、諏訪が「何がどうなってんのかわかんねえだろ?」「間の抜けたアホ面晒しやがって」「来いよ、ミスターブラックトリガー」「お望みどおり遊んでやるぜ」と言い放つ。

<<前の話 65話 次の話>>

【ワールドトリガー】全話・全巻ネタバレ一覧【最新話あり】ワールドトリガーのネタバレ記事をこちらにまとめております。ワールドトリガーの今までの話をこちらから振り返ることができるので、今までの話を...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。