ワールドトリガー

【ワールドトリガー】63話のネタバレ【ヒュース・ヴィザVS遊真・迅の展開に】

ワールドトリガー63話のネタバレを掲載しています。63話では、ヒュースのトリガーランビリスの能力であっという間に三雲たちに追いついていく。そこに、迅と遊真が駆けつけ、ヒュースとヴィザとの戦いに突入していく。ワールドトリガー63話の内容を知りたい方はご覧ください。

ワールドトリガー63話のネタバレ

足止め

レイジを斬ったヴィザが「さらばです、ミデンの勇士よ」「敗北を恥じることはない」「「オルガノン」を初見で凌いだ人間はいないのだから」と言うと、レイジは迅との話を思い出していく。

迅が「今度の大規模侵攻で相当やばいレベルの相手が来る」「下手すりゃおれらが勝てないレベルの」と言うと、レイジが「ブラックトリガーか?」と聞き、迅は「まだわかんないけどたぶんね」と返していく。レイジが「勝てないなら避ければいいだけの話だ」「そいつ一人で全てが決まるわけじゃない」と言うと、迅は「そのとおり」「だから、レイジさんに頼みがあるんだ」「もし戦闘で人型と当たったら他のやつらをさりげな〜く逃がしてほしい」「まとまってると全滅するかもしれないからな」と伝えていく。レイジが「なら小南や京介にもそう言っておけばいいだろう」と言うが、迅は「いや〜、小南とか逃げろって言っても逃げないでしょ」「予知を教えてもいい結果になるとは限んないしね」「そんで、他のやつらを逃がしたらできるだけ時間を稼いでほしい」「そいつをどれだけ足止めできるかがたぶんけっこうでかいポイントになる」「レイジさんの得意分野だ、頼んだぜ」と伝えていた。

レイジはベイルアウトの直前にスラスターをONにし、ヴィザの足にブレードを飛ばしていく。

ヴィザが「シールドにも仕掛けがあったとは」「距離を詰めすぎたのはうかつでしたな」と言うと、ヒュースは「急ぎましょう」「私のトリガーならまだ雛鳥に追いつけます」と言い、ランビリスの能力で空を飛んでいく。

玉狛支部に戻ってきたレイジに陽太郎が「こらレイジ、負けてしまうとはなにごとか」「なぜフルアームズをつかわん!?」と怒るが、レイジは無視して「宇佐美、今のデータ取れたか?」と聞き、宇佐美は「うーん、一瞬だったから難しいかも、解析してみるけど」と答える。

レイジが「京介たちはどこまで行った?」と聞くと、宇佐美は「もうすぐ基地の連絡口に着くよ」と答え、レイジは「時間稼ぎは足りたか?いや」と考えていく。レイジが「敵のトリガーは俺が解析する」「宇佐美は京介たちをサポートしてくれ」と伝えると、陽太郎がまだ「なぜフルアームズを」と言っていたので、宇佐美が「こら陽太郎しつこいぞ」「持久戦狙いだったんだから仕方ないでしょー」とツッコんでいく。

陽太郎が「フルアームズつかえば、フルアームズつかえば、レイジが負けるわけない」と悔し涙を流していくと、レイジは陽太郎の頭に手を置き「泣くな、「玉狛」はまだ負けてない」と伝えていく。



「おれたちが」

三雲が本部への通路のドアを開けようとするがドアは開かなかった。

烏丸が宇佐美に「これなんで開かないんすか?」と聞くが、宇佐美は「うーん」「それが、本部と通信つながんないんだよね」「通信室に何かあったのか」「さっきのイルガー特攻でどっか壊れたのかな?」と返していく。

三雲が「烏丸先輩、どうしますか?」と聞くと、烏丸は「ここが無理なら別の連絡通路を試すか、直接本部に向かうしかないな」と答え、千佳はすごい速さで二人のネイバーが追いかけてくるのを察知していく。烏丸が「どういうことだ?」と聞くと、三雲が「サイドエフェクトです」「千佳は敵が近づくのを感知できるんです」と答え、烏丸は「マジか」「レイジさんがベイルアウトしてまだそんな時間経ってないぞ」と言うが、ヴィザとヒュースが近づいてくる。

烏丸が「迅さんたちとの合流地点まで退くぞ、C級を連れて行け」と伝えていく。

ヴィザが「ヒュース殿は手はずとおり雛鳥を」「戦闘員は私が斬りましょう」と伝えていく。

そこに、ものすごい勢いで迅が飛んで現れる。

迅が「はじめまして、アフトクラトルのみなさん」「おれは実力派エリートの迅悠一」「悪いがここからは、おれが相手をさせてもらう」と告げると、バウンドセクスタを使った遊真がものすごい勢いでヴィザに突っ込んでいき、迅は「おっと間違えた」「「おれが」じゃなくて、「おれたちが」だった」と言い放つ。

<<前の話 63話 次の話>>

【ワールドトリガー】全話・全巻ネタバレ一覧ワールドトリガーのネタバレ記事をこちらにまとめております。ワールドトリガーの今までの話をこちらから振り返ることができるので、今までの話を...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。