ワールドトリガー

【ワールドトリガー】58話のネタバレ【ヒュースのトリガーの正体が判明】

ワールドトリガー58話のネタバレを掲載しています。58話では、ヒュースと戦闘するレイジが、ヒュースのトリガーの正体に気づいていく。一方、ランバネインとの戦いに、A級部隊の緑川・出水・米屋が参戦していく。ワールドトリガー58話の内容を知りたい方はご覧ください。

ワールドトリガー58話のネタバレ

磁力

遊真が「オサムが死ぬ!?」と言うと、迅は「いやいや、まだ決まったわけじゃない」「最悪の場合そうなるってだけの話だ」「そんでもちろん、そうさせないためにおれたちが行くんだ」と返していく。

時枝が「遊真を連れていって城戸司令とかは大丈夫なんですか?」と聞くと、迅は「さっき本部で話はしたよ」「警戒区域を出さなきゃOKだそうだ」と答えていく。嵐山が「それじゃ、結局助けに行けないじゃないか」と言うと、遊真は「警戒区域出るギリギリまで行って、そこでオサムたちを待つってこと?」と言い、迅は「いや、メガネくんたちも基地に向かってるからな」「おれたちと合流する頃には警戒区域に入ってるはずだ」「レイジさんたちがメガネくんをそこまで連れてきてくれる」と返していく。

レイジと烏丸がヒュースと交戦していた。

烏丸が曲がる弾丸でシールドを躱して射撃していくが、ヒュースは対応していく。

その隙に小南が斬りかかろうとするが、ヴィザに防がれる。

小南はやばい気配を感じ取りヴィザから距離を取ると、ヴィアは「ふむ、なかなか勘もいい」と言う。

ヴィザが「ヒュース殿、手練れと無理に戦う必要はない」「目的を果たして引き揚げましょう」と言うと、ヒュースは「わかっています」と銃を構築していく。

ヒュースが千佳を狙撃し、「捕らえました」とカケラを付着させていく。

すると、千佳が宙に浮いていく。

レイジが「京介」と叫ぶと烏丸が射撃していくが、ヒュースは「同じ手は、食わない」とシールドを全方位に広げて防いでいく。

シールドが広がり薄くなったところをレイジが殴りつけていく。

すると、千佳が浮遊が止まり、レイジの手にもカケラが付着していた。

レイジが「なるほど、やつのトリガーの仕掛けがわかった」「磁力だ」「あの反射盾の欠片の一つ一つが磁力のような引き合い、反発する力で操作されている」「俺の攻撃も、それで威力を殺された」と気づき、三雲は「千佳を引っ張ったのもそれか」と考えていた。

レイジが「京介、修、C級を連れて全速で基地に向かえ」「雨取をやつの磁力の射程に入れるな」と言うと、烏丸が「いいんすか?」「数の有利がなくなりますよ?」と言うが、レイジは「もう全員でジリジリ退ける状況じゃない」「こいつらは、俺と小南が足止めする」と返していく。

烏丸が忍田に「南西部のC級を連れて基地へ向かいます」と連絡を入れ、C級隊員を連れて三雲と共に基地に向かっていく。



A級部隊の合流

忍田が「付近の隊員は可能な限り三雲・烏丸両隊員を援護しろ」と連絡を入れると、レッドバレットでラービットの身動きを封じた三輪が「「三雲」?」と迅の言葉を思い出しながら「ふん、玉狛の面倒は玉狛で見ろ、俺の知ったことじゃない」と言い放つ。

ランバネインと対峙する荒船が「堂々と姿を晒しやがって」「撃って来いって誘ってやがんな」と言う。

東が「火力差が大きい」「無理に攻撃するなよ」「焦って撃ち合いになれば、火力差で一気にやられるぞ」と言いながら「あるいはこの膠着状態が敵の狙いか」「南部の新型をフリーにするために」と考えていた。

ランバネインは「不用意に撃ってこなくなったか」「思ったより我慢を知っているな」「定石通り市街地を攻撃して誘い出すか」「さあ、どうする?」「それともいっそヴィザ翁たちに加勢するか」と考えていた。

遠くからランバネインを見ていた緑川が「よねやん先輩、どうすんの?」「本部長は玉狛を援護しろって言ってるよ」と言うと、出水が「どーすっかなー」「もうこっち来ちまったもんなー」「放っといたら玉狛のほう行くかもしんねーし、ここであいつ倒しとくほうがいいだろ」と言い、米屋も「だよな、賛成」と言う。

<<前の話 58話 次の話>>

【ワールドトリガー】全話・全巻ネタバレ一覧【最新話あり】ワールドトリガーのネタバレ記事をこちらにまとめております。ワールドトリガーの今までの話をこちらから振り返ることができるので、今までの話を...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。