ワールドトリガー

【ワールドトリガー】53話のネタバレ【アフトクラトルの人型ネイバーがついに転送される】

ワールドトリガー53話のネタバレを掲載しています。53話では、ボーダー最強の部隊である玉狛第一が駆けつけ、三雲たちの危機を救っていく。しかし、そこにアフトクラトルの人型ネイバーが転送され、戦況が大きく変わっていく!?ワールドトリガー53話の内容を知りたい方はご覧ください。

ワールドトリガー53話のネタバレ

新しい神

小南がトリガーを起動させ戦闘準備を完了させていく。

現在の状況は以下の通り。

千佳の狙撃でラービットが破壊された時の映像を見ていたハイレインが「なんだ!?今のトリオン反応は」「ブラックトリガーか!?」と言うが、ミラは「いえ、ブラックトリガーではありません」「反応は通常トリガーのはず、です」と伝えていく。

ランバネインが「新手の強敵か!?」「モッド体のラービットがもう二体もやられたぞ」と言うと、ミラは「戦闘員ではなく雛鳥の中にいるようだわ」「でも、この数値は」と言い、ハイレインは「思いがけず「金の雛鳥」か、作戦変更だ」と告げていく。

ハイレインはランバネインとエネドラに「おまえたちは予定通りゲートで送り込む」「ミデンの兵を蹴散らしてラービットの仕事を援護しろ」「だが、無理をする必要はない」「あくまで戦力の分散が目的だ」「危険な場合はミラのトリガーで回収する」と伝え、エネドラは「「危険」?」「オレがミデンの雑魚にやられるわけねーだろ」と返していく。

ハイレインがヴィザとヒュースに「おまえたちは「金の雛鳥」を追え」「もしかすればここで、新しい神を拾えるかもしれない」と伝えていく。

千佳が狙撃を放つが、ラービットは受けずに回避していく。

三雲は「受けずに避けた!?」「学習してるのか!?」と感じていた。

三雲がレイガストをシールドモードにしてラービットの突撃を防いでいくが、一匹は後ろに行かせてしまう。

迫ってくるラービットを千佳が銃で狙おうとするが、そこにレイジが駆けつける。





転送完了

レイジが「雨取、スナイパーの基本は忘れたのか?」と言うと、千佳は「「スナイパーは居場所を知られたら負け」「まずは姿を隠すこと」「相手に見つかったまま戦ってはいけない」、です」と答え、レイジは「よし、覚えてるならいい」と言う。

レイジは肉弾戦でラービットを吹っ飛ばしていく。

そこに上から小南が現れ、メテオラで爆撃していく。

小南が「修、遊真はどうしたの?」と聞くと、先ほどメテオラで爆撃されたラービットがレーザーを放ってくる。

烏丸が「エスクード」と地面からシールドを発生させ防いでいく。

小南が「なにこいつら、まだ生きてんの?」と言うと、三雲は「気をつけてください」「捕まるとキューブにされます」「木虎とC級が何人かやられました」と伝えていく。烏丸が「わかってる、正隊員も一人やられた」「今本部のエンジニアが解析を進めてるとこだ」「幸いというか厄介というか、正しい解き方をしない限り傷一つ付かない代物らしい」と言うと、小南は「手加減しなくても大丈夫ってことね」と返していく。

烏丸が「木虎たちは玉狛第一が助ける」「お前はC級をフォローしろ」と言うと、小南は「こいつら倒せばあとはザコ掃除でしょ?楽勝ね」と言うが、三雲は「いや、待ってください」「まだあのゲート開けるやつが」と伝えていく。

すると、ラッドがゲートを発生させ人型ネイバーが転送されていく。

<<前の話 53話 次の話>>

【ワールドトリガー】全話・全巻ネタバレ一覧【最新話あり】ワールドトリガーのネタバレ記事をこちらにまとめております。ワールドトリガーの今までの話をこちらから振り返ることができるので、今までの話を...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。