ワールドトリガー

【ワールドトリガー】51話のネタバレ【木虎が単独でラービットを撃破】

ワールドトリガー51話のネタバレを掲載しています。51話では、木虎が単独でラービットと戦い、A級隊員の意地を見せた木虎がラービットを撃破していく。アフトクラトルはターゲットである「雛鳥」を発見し、大量のラービットを一気に投入していく!?ワールドトリガー51話の内容を知りたい方はご覧ください。

ワールドトリガー51話のネタバレ

木虎VSラービット

三雲がラービットを圧倒する動きをする木虎を目にしていた。

三雲が「速い」と言うと、レプリカも「援護する隙がないな」と呟いていく。

三雲の元に千佳と夏目が駆け寄ると、三雲が「危ないぞ、みんなと一緒に避難しろ」と伝えていく。

夏目が「でもなんかもう勝てそうじゃないっすか?」「嵐山隊のヒト強いっすよ?」と返すが、三雲は「たしかに木虎は強い」「でも相手は初めて戦うタイプだ」「何をしてくるかわからないぞ」と伝えていく。

ラービットと対峙する木虎が「一番警戒するのは威力の高い「砲撃」」「直撃すればたぶんシールドじゃ防げない」「予備動作があるから意識していれば対処できる」「相手の腕が届かない距離で銃撃を続けるのが安全策だけど、装甲が厚すぎてトリオンの消費が大きすぎるわ」「もう一歩踏み込んで、ブレードで削り倒す」と考えていると、ラービットが上空に飛んでいく。

そして、町に砲撃を放っていく。

木虎が「こいつ」「おまえの相手は私よ」と向かっていくと、ラービットは木虎に狙いをつけ突撃していく。

そのまま木虎は地面に叩きつけられていく。

砲撃を放とうとするラービットを見て、木虎が「やられる」「ミス!?私が、あの時みたいに」「違う、あの時とはもう」「私はA級」「やるって言ったからには、絶対にやるのよ」と掴まれた足を自分で切断し、壁に放ったワイヤーを使って移動しながらラービットを足から生やしたスコーピオンで倒していく。





雛鳥

監視用のトリオン兵を通じてモニターで町を見ていたミラが「目標確認」「雛鳥の群れです」「住民の避難にあたっていた模様」と伝えていく。

C級隊員たちが集まる三雲たちの元にゲートが現れ、なからラービットが出現し、ハイレインが「さあ、雛鳥を捕まえようか」と言い放つ。

<<前の話 51話 次の話>>

【ワールドトリガー】全話・全巻ネタバレ一覧ワールドトリガーのネタバレ記事をこちらにまとめております。ワールドトリガーの今までの話をこちらから振り返ることができるので、今までの話を...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。