ワールドトリガー

【ワールドトリガー】47話のネタバレ【ボーダー本部が爆撃される】

ワールドトリガー47話のネタバレを掲載しています。47話では、三雲の危機にブラックトリガーを起動させた遊真が駆けつける。嵐山隊が合流しラービットを一体倒すが、ボーダーがイルガーによって爆撃されていく。ワールドトリガー47話の内容を知りたい方はご覧ください。

ワールドトリガー47話のネタバレ

出し惜しみしてる場合じゃない

ハイレインが「ミデンはまだその戦力の全てを見せていない」「前回ラッドを撒いた時は数百の兵が動いていた」「その規模からして、この隊以外にも腕の立つ使い手が数多く存在すると推測できる」と話していく。

エネドラが「ミデンの猿相手にビビりすぎなんじゃねーの?隊長さんよ」と言うと、別の人型ネイバーが「口を慎めエネドラ」「上官に対して無礼だぞ」と返していく。

エネドラが「あ?てめーこそ誰に口利いてんだ?雑魚が」と返すと、老人の人型ネイバーが「ほっほ、いやはや」「お二人にケンカされては船がもちませんな」と伝えていく。

エネドラgあ「チッ、イライラするぜ」「このクソ狭めー船はもううんざりだ」「なあ、オレを出せよハイレイン」「ミデンの兵なんざオレ一人で皆殺しにしてやる」と言うと、別の人型ネイバーが「皆殺しはともかく、確かにそろそろ体を動かしたいものだな」「兄、いや隊長」と言い出す。

ハイレインが「もう少し我慢しろ」「すぐにお前たちの出番は来る」「ミラ」と言うと、ミラは「はい、次の段階へ進みます」と告げていく。

三雲の前には大量のトリオン兵が迫っていた。

レプリカが「数が多すぎなるな」「ここは退いたほうがいい」と言うと、三雲は「でも、ここを通したら千佳たちが」と返すが、レプリカは「B級隊員は全員合流せよとの指示が出ている」「一箇所ずつの各個撃破に切り替えたようだ」「たしかにB級単隊では新型に捕まる危険性が高い」と伝えていく。三雲が「一箇所ずつ!?」「じゃあ、その間ほかの場所は」「千佳たちはどうなるんだ!?」と言うと、レプリカは「トリオン兵の排除は避難の進んでいない地区を優先するとのことだ」「避難がスムーズな千佳たちは後に回されると思われる」と伝えていく。

レプリカの話を聞いた三雲が「ぼくのやったことが裏目に出たのか?」と考えていると、ラービットが現れる。

三雲がラービットに襲われると、ブーストクインティを発動した遊真が助けに入る。

三雲が「ブラックトリガーは使うなって言ったろ」「ぼくや林藤支部長じゃ庇いきれなくなるぞ」と言うが、遊真は「けど、このままじゃチカがやばいんだろ?」「出し惜しみしてる場合じゃない、一気に片付けるぞ」と返していく。



本部への爆撃

遊真が射撃される。

B級19位の茶野隊が「やっぱこいつボーダーじゃねーぞ、人型のネイバーだ」と遊真を射撃してきていた。

が、茶野隊の横からラービットが現れ襲われていく。

そこに嵐山隊が駆けつけ集中砲火でラービットを機能停止させていく。

茶野が嵐山に「人型ネイバーが」と言うが、嵐山は「落ち着け茶野、彼は味方だ」と伝えていく。

遊真が「どうも助かったよときえだ先輩」と言うと、時枝は「あれ?そんな格好だったっけ?」と返す。木虎が「例のブラックトリガーですよ、先輩」「ていうかあなたそれ、城戸司令から使用許可下りてるの?」と言うと、遊真は「下りてないけど、非常時なもんで」と答えていく。

嵐山が「本部、こちら嵐山隊」「新型を一体排除した」「トリオン兵を減らしつつ、次の目標へ向かう」と本部に連絡を入れるが、本部からは「砲で・・・迎撃・・・」「近・・・」という連絡が入る。

ボーダー本部に爆撃型トリオン兵イルガーが迫り、爆発していく。

<<前の話 47話 次の話>>

【ワールドトリガー】全話・全巻ネタバレ一覧【最新話あり】ワールドトリガーのネタバレ記事をこちらにまとめております。ワールドトリガーの今までの話をこちらから振り返ることができるので、今までの話を...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。