ワールドトリガー

【ワールドトリガー】32話のネタバレ【遊真たちがボーダー隊員正式入隊日を迎える】

ワールドトリガー32話のネタバレを掲載しています。32話では、迅がブラックトリガーを渡しS級隊員から外れたことで、ランク戦に復帰したことが明らかになる。そして、いよいよ遊真たちがボーター隊員正式入隊日を迎えていく。ワールドトリガー32話の内容を知りたい方はご覧ください。

ワールドトリガー32話のネタバレ

迅の復帰

太刀川が「まったくお前は意味不明だな」「何あっさり「風刃」渡してんだよ」「勝ち逃げする気か?」「今すぐ取り返せ、それでもっかい勝負しろ」と言うが、迅は「ムチャ言うね、太刀川さん」と返していく。

風間が「ブラックトリガー奪取の指令は解除された」「「風刃」を手放す気があったなら、最初からそうすればよかっただろう」「わざわざ俺たちと戦う必要もなかった」と言うと、迅は「いやあ、どうかな」「昨日の段階じゃ「風刃」に箔が足りなかったと思うよ」「太刀川さんや風間さんたちのおかげでやっと、鬼怒田さんたちを動かせたって感じかな」と返していく。風間が「A級上位の俺たちを派手に蹴散らすことで、「風刃」の価値を引き上げたということか?」と言うと、迅は「ご名答、それが「プランB」」と返していく。

太刀川が「そうやって「風刃」を売ってまでネイバーをボーダーに入れる目的はなんだ?何を企んでる?」と聞くと、迅は「城戸さんにもそれ訊かれたなー」と返していく。

城戸が「何を企んでいる?迅」「この取引は我々にとって有利すぎる」「何が狙いだ」と聞くと、迅は「別に何も企んでないよ」「かわいい後輩を陰ながらかっこよく支援してるだけ」「おれは別にあんたたちに勝ちたいわけじゃない、ボーダーの主導権争いをする気もない」「ただ、後輩たちの戦いを大人たちに邪魔されたくないだけだ」「ただひとつ付け加えるなら城戸さん、うちの後輩たちは城戸さんの「真の目的」のためにもいつか必ず役に立つ」「おれのサイドエフェクトがそう言ってる」と答えると、城戸は「いいだろう」「取引成立だ、ブラックトリガー「風刃」と引き換えに、玉狛支部空閑遊真のボーダー入隊を正式に認める」と伝えていた。

迅が「その玉狛に新しく入った遊真ってのが、けっこうハードな人生送っててさ」「おれはあいつに、「楽しい時間」を作ってやりたいんだ」と言うと、太刀川は「「楽しい時間」、それとボーダー入隊がどうつながる?何か関係あるのか?」と返していく。迅が「おれは、太刀川さんたちとバチバチ戦り合ってた頃が最高に楽しかった」「ボーダーにはいくらでも遊び相手がいる」「きっとあいつも毎日が楽しくなる、あいつは昔のおれに似てるからな」「そのうち上にあがってくると思うから、そん時はよろしく」と答えると、太刀川は「へえ、そんなにできるやつなのか、ちょっと楽しみだな」と返していく。

風間が「いまいち理解できないな」「そんな理由で争奪戦であれだけ執着したブラックトリガーを」「あれはおまえの師匠の形見だろう?」と言うが、迅は「形見を手放したぐらいで最上さんは怒んないよ」「むしろボーダー同士のケンカが収まって喜んでるだろ」と返していく。

迅が「あ、そうそう、もうひとつ」「おれブラックトリガーじゃなくなったからランク戦復帰するよ」「とりあえずソロでアタッカー1位目指すからよろしく」と言うと、太刀川は「そうか、もうS級じゃないのか、そういやそうだ」「おまえそれ早く言えよ」「何年ぶりだ!?3年ちょっとか!?」と迅の復帰を大いに喜んでいた。





ボーダー隊員正式入隊日

迅が玉狛支部に戻ってくる。

迅が「遊真、ボーダーのトリガーには慣れてきたか?」と聞くと、遊真は「しおりちゃんにいろいろ教えてもらったからな」「こなみ先輩に勝ち越しする日も近い」と答えていく。

迅が「メガネくんは訓練進んでる?」と聞くと、三雲は「えーと、そのぼちぼちです」と答えていく。宇佐美が「とりまるくんはバイトで忙しいからねー」と言うが、三雲は「いやでも、特訓メニューは組んでもらってるんで」と言い、迅は「まあ、京介は教えるの上手いから大丈夫だろ」「鍛えろよ若者、あっという間に本番がくるぞ」と自分の部屋に戻っていく。

ベッドに横になった迅は風間の「争奪戦であれだけ執着したブラックトリガーを」「あれはおまえの師匠の形見だろう」という言葉を思い出しながら「大丈夫だ、未来はもう動き出してる」と呟いていく。

遊真が「こなみ先輩、おれスコーピオンでいくことにした」と言うと、小南は「ふーん、迅と同じスタイルなわけね」「まあ、何を使おうとあたしには勝てないだろうけど」と返し、遊真とのトレーニングに付き合っていく。

三雲が「烏丸先輩、実はぼくガンナーになりたいと思ってるんですが」と言うと、烏丸は「ガンナー?」「ガンナーは自分のトリオンを弾丸にして飛ばすから、アタッカーより消費が激しい」「ふつうはトリオンに余裕のあるやつがなるもんだぞ?」と返していく。三雲が「それは、そうなんですが」と返すが、烏丸は「ちょっと待ってろ、メニューを組み直す」と三雲の思いを汲んでいく。

レイジが千佳に「よし、合格だ」と伝え「狙撃のセンスは決して高くないが、素直さと練習量がそれをカバーして余りある、優秀な弟子だ」と考えながら、「よし次は動く的の狙撃だが、その前にスナイパーの基本戦術を教える」と次の訓練に移っていく。

そして、1月8日、ボーダー隊員正式入隊日を迎えていく。

<<前の話 32話 次の話>>

【ワールドトリガー】全話・全巻ネタバレ一覧ワールドトリガーのネタバレ記事をこちらにまとめております。ワールドトリガーの今までの話をこちらから振り返ることができるので、今までの話を...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。