ワールドトリガー

【ワールドトリガー】23話のネタバレ【遠征中のトップチームが帰還】

ワールドトリガー23話のネタバレを掲載しています。23話では、遊真・三雲・千佳が玉狛支部のトレーニングルームでトレーニングに励んでいく。そして、ボーダー本部では遠征中だったトップチームが帰還してくる。ワールドトリガー23話の内容を知りたい方はご覧ください。

ワールドトリガー23話のネタバレ

トレーニング

三雲と烏丸が玉狛支部トレーニングルーム001号室に来ていた。

三雲が「どうなってるんですか?これ」「基地の地下にこんな広い部屋があるなんて」と言うと、烏丸は「トリガーで空間を創ってるんだ」「レイジさんたちスナイパー組のほうに容量使ってるからこっちは殺風景だけどな」「トリガーは単なる武器じゃない、ネイバー文明の根幹を支える「テクノロジー」なんだって昔林藤支部長が言ってた」「さて、じゃあとりあえず、どれくらいやれるのかを見せてもらおうか」「本気でかかってこい」と三雲に伝えていく。

003号室では千佳がスナイパーの訓練に来ていた。

千佳が的に命中させているのを見て、レイジが「よし、的には当たるようになってきたな」「ボーダーの狙撃用トリガーはよくできてる」「ちゃんと狙えばちゃんと当たる」「まずは止まっている的に確実に当てられるようになれ」「悪いが俺はこれから夕方まで防衛任務だ」「今の調子で撃ち続ければ、たぶん2〜3時間でおまえのトリオンが足らなくなって弾切れになる」「そうなったら今日の訓練は終わっていいぞ」と伝え部屋を去っていくと、「素直だしやる気があるのはいいんだが、正直戦闘に向いてるとは思えねーな」と考えていた。

002号室で小南が「はっきり言ってあたし感覚派だから、他人を鍛えるのって苦手なの」「好きなトリガー選びなさい、ボコボコにしてあげるから」「なんで負けたかあとでゆっくり考えるといいわ」と遊真に伝えていく。

遊真が「ほう、見分けがつかん」「けど、ふつうに思いっきり戦っちゃっていいの?」と言うと、宇佐美は「いいよ〜」「001号室と002号室は仮装戦闘モードにしてあるからガンガン戦ってOKだよ」と伝えていく。

遊真が「かそう戦闘モードってなに?しおりちゃん」と聞くと、宇佐美は「仮装戦闘モードってのは、コンピューターとトリガーをリンクさせてトリオンの働きを擬似的に再現するモードなわけね」「実際にトリオンを消費してるわけじゃないから継続的に戦闘訓練ができるんだ」と答えていく。

小南が「要するに、あんたは安心して何回でも負けられるってことよ、おチビ」と言うと、遊真は「おチビじゃないよ、空閑遊真だよ、よろしくなこなみ」と返していく。小南が「なんで呼び捨てなのよ、あたしのほうが先輩なのよ!?」と言うと、遊真は「ほう、先輩」「じゃあ、おれに勝てたら「先輩」って呼んであげるよ、こなみ」と返し、小南は「ボーダーのトリガーであたしに勝てるつもり?」「言っとくけど、あたしは迅より前からボーダーにいるのよ?」「いいわ、じゃああたしも、あんたがあたしに勝てたらちゃんと名前で呼んであげるわ」と返していく。





トップチームの帰還

トレーニングが終わり、烏丸が「三雲おまえ、弱いな」「ほんとにB級か?」と言い放つ。

「ありえない、あたしが」と小南が青ざめた表情で戻ってくる。

ボロボロになった遊真が「勝った」と言いながら部屋に入ってくる。

烏丸が「小南先輩負けたんですか!?」と聞くと、小南は「まっ、負けてないわよ」と言い、遊真も「10回勝負して最後に1回勝っただけだよ、トータル9対1」と伝えていく。遊真が「でも、こなみ先輩の戦い方はつかんできた」「次はたぶんもっと勝てるな」と言うと、小南は「調子に乗んないでよね、遊真」「さっきのがあんたの最初で最後の勝ち星だから」と、またトレーニングルームに向かっていく。

烏丸が「おまえはどうする?」「まだやれるか?」と聞くと、三雲は「やれます」と返していく。

レイジが帰宅し「なんだ、まだやってるのか」「雨取はどこ行った?」「もう家に帰ったのか?」と聞くと、宇佐美は「千佳ちゃんですか?」「そういえば、まだ出てきてないですけど」と答えていく。

朝からずっと的を撃ち続けていた千佳を見て、レイジは「朝からずっと撃ち続けてたのか!?」「こいつ、一体どんなトリオン量してやがんだ!?」と考えていた。

ボーダー本部では、遠征中だったトップチームが帰還していた。

<<前の話 23話 次の話>>

【ワールドトリガー】全話・全巻ネタバレ一覧ワールドトリガーのネタバレ記事をこちらにまとめております。ワールドトリガーの今までの話をこちらから振り返ることができるので、今までの話を...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。