ワールドトリガー

【ワールドトリガー】223話のネタバレ【水上の作戦への評価がwwwww】

ワールドトリガー223話の要約と注目ポイントをまとめています。223話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、ワールドトリガーの内容を振り返りたい方はご活用ください。

ワールドトリガー223話のネタバレ

隠岐と三雲は水上が一人で戦闘シミュをやっている可能性について話していた。水上9番隊の異様なほど統率の取れた動きにも説明がつく上に、他の人たちは別の課題を進められるというメリットにも気づく。「操作するユニットが増える分考える時間はかなり減ってるはずですよね?」「そのうえであんな安定した成績を取るなんて実際に可能なんでしょうか?」と三雲が疑問を口にすると、隠岐は水上が将棋のプロ養成所にいたことがあるため可能だと語る。三雲が「このやり方たぶん他の部隊でもできますよね?」と確認し「今日のうちにいろいろ準備しておいた方が良かったんじゃ」と言うが、隠岐は賛成しながらも諏訪が明日まで待てと言っていたことから「明日には全部わかるやろ」と返していった。

柿崎3番隊にて。落ち込む別役を影浦が気遣う。

別役はドラフトの時を思い出しドベになった時悲しかったのもあるが、鈴鳴の先輩たちに申し訳ないとも思っており、試験では役に立ちたかったが何もできない自分に無力感を感じてしまっていた。影浦が味方してくれたことが嬉しかったと伝えると、影浦は「やる前から「おめーには無理だ」って言われてムカつかねぇヤツいねーだろ」と返し、別役は「明日からがんばるっす」と眠りについた。

閉鎖環境試験2日目が終了し3日目が始まる。A級隊員たちが各々の評価をチェックしていた。水上への評価が注目される。

小南は感情移入強めの評価となっていた。

隊長経験者は大概が隊長として成果を挙げることの難しさへの理解から水上のやり方を擁護していた。太刀川は反対意見だった。「水上は自分で揉め事起こしてる分先の予測はできてるだろ、隊長クビになっても荒船っていう保険があるしな」「つーか、自分が好き勝手をやったケツを拭かせるために最初から荒船を選んどいた可能性もある」と水上を評価しながらも、荒船と今の負担が大きいために水上からマイナスして荒船と今に足すつもりだったのである。

尼倉が水上が嘘をつかずに最初からすべて説明すればよかったと思うと口にすると、結束は「外から見てるとそう思えるんだけど、私が照屋の立場だったら簡単には納得できない気がするから伏せるにもアリだと思う」と意見した。

小早川が喜多川に話を振ると、喜多川は評価を入力した。

桃園が自前で揉め事のタネ作りたくねーと意見を述べ奈良坂に話を振ると、奈良坂は心情的には照屋側となるが、水上のやり方以上に得点を上げる方法が現状思いつかないと返す。

今回の件での水上の評価は差し引きちょい+程度だが、水上9番隊の他の隊員には多くの+点が入っていた。「ここまで計算してたとは思いたくないけど」と結束は考えていた。

黒江が「水上9番隊がここまで圧倒的だと「何かやってる」って気づく部隊も出てきそうですね」「水上隊と同じような戦法をとる部隊も出てくる?」と聞くが、加古は「そう簡単な話でもなさそうだわ」と返した。

三雲がファイルを開くと昨日よりもユニットが増えていることに気づく。

諏訪が「水上9番隊はたぶん戦闘シミュを1人でやってる」と昨日引っ張った予想を伝えた。隠岐が一人で戦闘シミュに取り組むメリットに触れると、香取が「うちもそうすんの?」と聞くが、諏訪はユニットが増えた分1人でやるのは現実的ではないため全員で戦闘シミュに取り組むと方針を伝えた。

今日の戦闘シミュは「ネタ」を探すのが最優先だと話す。ユニットや数字以外のところで差をつけない限り昨日と同じような結果となるため、一発ネタでもなんでもいいから明日だけ自チームが勝てるような「ネタ」を見つけろと指示を出す。諏訪は得意分野である三雲に特に期待していた。

<<前の話 223話 次の話>>

【ワールドトリガー】全話・全巻ネタバレ一覧【最新話あり】ワールドトリガーのネタバレ記事をこちらにまとめております。ワールドトリガーの今までの話をこちらから振り返ることができるので、今までの話を...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。