ワールドトリガー

【ワールドトリガー】17話のネタバレ【遊真の父親が重要人物である可能性が浮上】

ワールドトリガー17話のネタバレを掲載しています。17話では、迅が上司である林藤に遊真を捕えるよう命令されるが、「やり方はお前に任せる」とも伝えられる。そして、遊真の父親がボーダーに関わっていた可能性が浮上する!?ワールドトリガー17話の内容を知りたい方はご覧ください。

ワールドトリガー17話のネタバレ

他の国

城戸が「迅、おまえにブラックトリガーの捕獲を命じる」と指令したことで、三雲は「迅さんが空閑と同じ「ブラックトリガー」!?」「いや、それよりも迅さんが空閑を捕える!?」と考えていた。

遊真と千佳が古い神社にやって来ていた。

千佳が「人が来ないし場所もちょうどいいから、ときどき隠れ家に使わせてもらってるの」と言うと、遊真は「ほほう、しぶいね」「まあ、飯でも食ってオサムを待とうぜ」と返していく。

千佳が「遊真くんって、本当にネイバーなんだよね?」と聞くと、遊真は「ほうだよ」「あ、でもおれはこの街を襲ってるやつらとはカンケーないよ」と答えていく。千佳が「うん、修くんにそう聞いた」「あのね、遊真くんに訊きたいことがあるんだけど」「ネイバーにさらわれた人はネイバーの戦争に使われるって言ってたでしょ?」「それって、どんなふうに使われるの?」と聞くと、遊真は「ふーむ、それはさらわれた「国」によるかな」「あっちの世界にもたくさんの国があって、それぞれの国でスタイルがちがうんだよ」「こっちの世界に来てるネイバーも、同じに見えて別々の国のネイバーだったりする」「だから、さらわれてった国の状況、戦争に勝ってるか負けてるか、兵隊を鍛える余裕があるかないか、司令官がデキるやつかダメなやつか、いろんな事情で話は変わってくるけど、トリオン能力が高い人間はむこうでも貴重だから、ほとんどの場合は戦力としてけっこう大事にされてると思うよ」「チカとか超大事にされるかも」と答えていく。千佳が「じゃ、じゃあ、さらわれた人がむこうで生きてるってことも」と聞くと、遊真は「ふつうにあると思うよ」と答えていく。

千佳が「そっか、そうなんだ」と言うと、遊真が「なんだ?だれか知り合いがさらわれてのか?」と聞く。千佳が「ううん、ちがうの」「ちょっと気になっただけ」と返すが、遊真は「おまえ、つまんないウソつくね」と返していく。

遊真が「こっちだけにしゃべらせてそっちはヒミツかー」「まあいいや、あとでオサムに訊こう」と言うと、千佳は「ええ!?」「わあごめん、待って待って」「えっとね、ほんとはそうなの」「ネイバーにさらわれたの」「小学校のときなかよくしてくれた友達とわたしの兄さん」「二人がさらわれたのはわたしのせいなの」「二人ともわたしが相談なんかして巻きこんだから」と答えていく。

事情を理解した遊真が「なるほどね」「だから、もう他の人には頼りたくないって言ってたわけか、ボーダーとかにも」と言うと、千佳は「うん」「だって、迷惑かけるだけだから」と返していく。遊真が「まあ、キモチはわからんでもないけどなー」「おれも今回、オサムとチカを巻き込んだし」「おれといっしょにいたせいでオサムの出世をふいにしたかもしれん」「だとしたらもうしわけない」と言うが、千佳は「それは大丈夫だよ」「修くんはたぶんそんなこと気にしてない」「「自分の意思でやったことだ」「おまえが気にすることじゃない」って言うよ、たぶん」と返していく。

千佳が「修くんはさっきも自分じゃなくて遊真くんの心配してたよ」と言うと、遊真は「あいつは他人の心配と自分の心配のチオーナランスがおかしいからな」「そもそもおれを心配する理由なんかないのに」と返していく。千佳が「え、でも、ボーダーの人が遊真くんを狙って来るんでしょ?」と言うと、遊真は「ボーダーが何人で来ようと、本気でやればおれとレプリカが負けるような相手はいないよ」「いや、一人だけいるか」と返していく。千佳が「あのおでこにサングラスの人?」と聞くと、遊真は「そう」「迅さんは、たぶん相当強い」「勝てるかどうかはやってみなきゃわかんないな」と答えていく。千佳が「じゃあ、あの人が追っ手になったら」と言うが、遊真は「いいや」「そうはならないよ」と返していく。



遊真の父親

城戸が「会議は終わりだ」「速やかに任務を遂行しろ」と言うが、迅は「それはできません」と返していく。

根付が「どういうことかね?迅くん」「最高司令官の命令に従えないと?」と言うと、迅は「おれは玉狛支部の人間です」「城戸司令に直接の指揮権はありません」「おれを使いたいなら林藤支部長を通してください」と返していく。

城戸が「林藤支部長、命令したまえ」と言うと、林藤は「やれやれ」「支部長命令だ、迅、ブラックトリガーを捕まえてこい」「ただし、やり方はおまえに任せる」と伝え、迅は「了解、ボス」と返していく。

迅が「さあて、行くかメガネくん」と言うと、三雲は「この人は、やっぱり他の人とはちがう」と感じていた。

鬼怒田が「やはり玉狛なんぞに任せてはおけん」「忍田くん本部からも部隊を出せ」と言うが、忍田は「城戸司令が決めたことだ」「迅に任せればいいだろう」と返していく。

唐沢が三雲を呼び出し「きみの友人のネイバーがこっちに来た目的は何なのか、きみは聞いてないか?」「「相手が何を求めているか」、それがわかれば交渉が可能だ」「たとえ別世界の住人でも」と言うと、鬼怒田が「交渉!?ネイバー相手に何を悠長な」と言うが、唐沢は「排除するより利用できないかと考えてしまうんですよ」「根が欲張りなもので」と返していく。三雲が「目的」「そういえば、「父親の知り合いがボーダーにいる」「その知り合いに会いに来た」、たしかそう言ってました」と伝えると、忍田が「ボーダーに知り合い!?」「誰のことだ?」と聞くが、三雲は「いや、名前は聞いてないんですが」と答えていく。唐沢が「その「父親」の名前は?」「いや、きみの友人本人の名前でもいい」と聞くと、三雲は「父親の名前はわかりませんが、本人の名前は空閑遊真です」と答え、林藤、忍田、城戸が「空閑」という名前に反応していく。

三雲は「どうなってるんだ!?」「空閑の親父さんって、いったい何者!?」と感じていた。

<<前の話 17話 次の話>>

【ワールドトリガー】全話・全巻ネタバレ一覧ワールドトリガーのネタバレ記事をこちらにまとめております。ワールドトリガーの今までの話をこちらから振り返ることができるので、今までの話を...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。