ワールドトリガー

【ワールドトリガー】159話のネタバレ【ヒュースが史上最速でB級に昇格】

ワールドトリガー159話のネタバレを掲載しています。159話では、ヒュースが史上最速入隊初日でB級に昇格していく。そのままB級隊員たちと個人戦をするが圧倒し、生駒とも個人戦を行う展開に!?ワールドトリガー159話の内容を知りたい方はご覧ください。

ワールドトリガー159話のネタバレ

ヒュースの試験

ヒュースが試験でトリオン兵を1.5秒でブッタ斬る。

嵐山が「すごい記録が出たな」「歴代2位の記録だ」と言うと、ヒュースは「2位だと?やり直す」と言う。

嵐山が「さて、これで訓練は一通りやってもらった」「初めにも言った通り各種訓練とソロランク戦でソロポイントを4000点以上にすればB級隊員へと昇格できる」「今からソロランク戦の説明をするが、その流れでもう一つやってもらうことがある」「きみたちのソロポイントは全員1000点からスタートしていると思うが、本来ならば入隊式の前に仮入隊などで能力を見て、その実力次第でソロポイントが上乗せされることになっている」「即戦力をすばやくB級に引き上げるための措置だが、きみたちは臨時入隊のため仮入隊の期間が取れなかった」「そこでかわりにきみたちには、簡単な戦力テストを受けてもらう」「これから5人ずつに分かれて仮想空間で戦ってもらう」「自分以外は全員敵」「一人倒すごとに120ポイント加点」「その後はメンバーを入れ替えて同じように一人につき4試合繰り返す」「倒した相手が多いほどB級昇格に近づく」「各自工夫してがんばってくれ」と説明していくと、周りは「あの目立ってるやつみんなで囲んで叩こうぜ」「あの人と同じグループに入って覚えてもらお」とヒュースが話題になっていた。

が、そんなものは一切関係なくヒュースが圧倒していく。

ヒュースは「訓練の点とあわせて3000、これであと1000か」と考えていた。嵐山が「迅には聞いていたがすごいな」と言うと、時枝は「ですね」と返していく。

時枝が「このパネルで対戦相手を選べる」「ポイントが高い相手に勝つとたくさんポイントがもらえるよ」と説明すると、ヒュースは「なるほど、大体わかった」と返していく。

甲田が「やれやれ、C級とももうすぐお別れか」と言うと、早乙女が「感傷か?」と聞き、甲田は「或いはそうかもな」「俺たちの居場所はもうここにはない」と返していく。甲田が「おっ、対戦希望だ」「ポイントは3000」と言うと、丙が「3000まではまぐれでも来れるんだよな〜」と言い、早乙女が「だがそこから先は選ばれた者しか進むことはできない」と言い、甲田が「せめて俺たちが教えてやろう、3000の壁ってやつを」と言い放つ。

が、当然ながらヒュースに瞬殺される。





B級昇格決定

ヒュースの点が4000を超え、B級昇格が決定する。

小荒井が「なんかザワついてるな」と言うと、笹森も「なんだろ?」と言う。

小荒井が「三浦先輩、なんかあったんすか?」と聞くと、三浦が「それが、今日入隊してもうBに上がった人が出たらしいんだ」と返していく。

笹森が「今日入隊!?」「じゃあ、1日、いや0日で!?」と驚き、小荒井が「最短記録じゃないすか!?」「勝負しましょうよ、勝負」「そいつもうB級なんでしょ?」と言うが、巴は「むこうはさっきまでC級だったから、まだトリガー1個しかもってないですよ」「シールドもない」と返していく。笹森が「こっちもブレード一本だけでポイント移動なしなら大丈夫かなあ?」と言うと、友枝がヒュースに「って言ってる人たちがいるんだけどどうする?」と聞き、ヒュースは「ミデンのレベルを知るにはちょうどいい」「剣の勘を取り戻す訓練にもなる」と考え、「わかった、受けよう」と答えていく。

小荒井と巴が5本先取勝負を挑むが、どちらも5対0で負けていく。

三浦も5対0で敗北する。

笹森が「むこうの動きは頭に入れました」「一矢報いてきます」と挑むが、5対1で敗れていく。

巴が「ほんとに強いですね」「これこっちがフル装備でも勝負になるんじゃ」と言うと、三浦が「いや、さすがにそれは」と返し、小荒井が辻を発見する。

辻もヒュースに挑むと、ヒュースは「この相手はさっきまでより手強い」と感じながらも5対2で勝っていく。

辻が「太刀筋が他の人とは違う」「実際に剣術とかやってる人なんじゃない?」と言っていると、小荒井が今度は生駒を発見する。

<<前の話 159話 次の話>>

【ワールドトリガー】全話・全巻ネタバレ一覧ワールドトリガーのネタバレ記事をこちらにまとめております。ワールドトリガーの今までの話をこちらから振り返ることができるので、今までの話を...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。