ワールドトリガー

【ワールドトリガー】143話のネタバレ【遊真と修の連携で香取隊が続々とベイルアウトする展開に】

ワールドトリガー143話のネタバレを掲載しています。143話では、柿崎を落とした遊真が修の元に向かい、遊真と修の連携で香取隊の三浦と若村を落としていく。遊真と修の二人を見て、香取は苛立ちを見せていく。ワールドトリガー143話の内容を知りたい方はご覧ください。

ワールドトリガー143話のネタバレ

遊真の発想

遊真との戦闘で柿崎がベイルアウトしていく。

遊真も柿崎の最後の抵抗で深手を負うが、スコーピオンで損傷部を塞いでいく。

友枝が「トリオン漏れが止まるまでの応急措置ですね」「1対1がもたないと見て、相打ち狙いに切り替えた柿崎隊長も上手かったですが、相手のほうが一枚上手でしたね」「空閑隊員の発想力には毎度驚かされる」と解説すると、出水は「とはいえ空閑もトリオンはかなり削られたはずだ、これ以上ダメージを食えばすぐ落ちるぞ」と言う。

巴は「雨取さんが一番浮いた駒なのは変わらない」「空閑くんが来る前に獲る」と考えていた。

柿崎が落ちたことを知り、三浦が「合流される前に三雲くんを落とさないと」と言うと、香取は「こんな雑魚メガネに粘られて、超イライラするわ」「麓郎あんたなんとかしなさいよ」「このメガネあんたより格下でしょ!?」「アタシにはさんざん偉そうなこと言っといて」と言う。染井が「照屋さんが狙撃を押さえに動いてる」「今ならこっちは狙撃されない」「三雲くんを仕留めるチャンスよ」「雄太と麓郎くんは半隠密で後ろから回り込む」「むこうの「仕掛け」がまだわからないから、ワイヤーには触らないように注意して」「葉子は正面から三雲くんの気を引いて」と伝え、香取隊は動いていく。

千佳に接近する巴は「近くほど狙撃は正確になる」「一発、あと一発だけかわせれば」と考えていた。

宇佐美が「サイドから寄ってきてるよ、修くん」「たぶんカメレオンとバッグワーム一人ずつ、こっちを混乱させる手だね」と伝えると、修は「了解です、迎え撃ちます」と答えていく。

修と撃ち合う香取がいきなり「あんたたち、いきなり遠征部隊目指してるんだって?」「お兄さんだか友だちだかが攫われてるって話じゃん」「そんなサクッとA級になれるとか本気で思ってんの?」「二宮隊とかにボロ負けしてたくせに」「「大事な人を助けるためだから」「がんばればきっとユメは叶う」とか思ってるわけ?」と話しかけ、修は「質問の意図がよくわかりませんが、ぼくが遠征部隊を目指してるのは、ただ単に自分が、そうするべきだと思ってるからです」と返していく。





香取隊が続々脱落

修の返答を聞きムカついていく香取。

修の背後から三浦と若村が迫り、修は再び赤いワイヤーを張っていく。

若村はワイヤーに引っかかって転び、「くそっ、気をつけてるはずなのになんで引っかかる」と感じていた。

そこに修がスラスターとアステロイドで襲いかかる。

三浦が若村の援護をしようとするが、若村は「こっちじゃねえ」「ヨーコを援護しろ」と叫ぶ。

襲いかかってくる遊真の状態を見て、香取は「なにこの傷、ベイルアウト寸前じゃない」「一発で仕留めないと、トリオン漏れでこいつが落ちたら柿崎隊のポイントに」と考えていた。

その一瞬の迷いの隙を突かれ、香取は遊真に腕を斬られてしまう。

すかさず遊真は三浦に襲いかかり、その隙を修がアステロイドで攻撃し、三浦をベイルアウトさせる。

これで香取隊の二人がベイルアウトとなり、玉狛が4点目の独走状態となっていく。

染井が「ごめん葉子、わたしの見立てが甘かったわ」と言うと、香取は「ほんと、ムカつくわ、あんたたち」と怒りを露わにしていく。

<<前の話 143話 次の話>>

【ワールドトリガー】全話・全巻ネタバレ一覧ワールドトリガーのネタバレ記事をこちらにまとめております。ワールドトリガーの今までの話をこちらから振り返ることができるので、今までの話を...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。