ワールドトリガー

【ワールドトリガー】138話のネタバレ【玉狛第二の新技が炸裂】

ワールドトリガー138話のネタバレを掲載しています。138話では、開始早々香取隊エースの香取葉子が遊真を急襲し、いきなりエース対決が勃発する。香取隊は一斉に修を狙おうとするが、玉狛第二の二つの新技で反撃していく!?ワールドトリガー138話の内容を知りたい方はご覧ください。

ワールドトリガー138話のネタバレ

エース対決

開始早々、香取が遊真を強襲していく。

香取隊オペレーターの染井は「二人ともすぐ援護に向かって」と三浦と若村に伝えていく。若村・三浦は香取の援護に向かうが、転送位置は香取隊にやや不利だった。

遊真と香取の戦いを見ていた照屋が「バッグワームで奇襲すればどっちかは落とせるかも、仕掛けますか?」と聞くと、柿崎は「いや、攻撃するのは3人揃ってからだ」「敵のエースが削り合うのはラッキーな展開だ」「敵の戦力が削れたとこをうちは万全の態勢で叩く、いいな?」と返していく。

柿崎隊はそのまま合流を目指し、玉狛第二はスナイパーの千佳が高台の狙撃ポイントに到着していた。

修が「よし、敵の位置確認を忘れるな」「宇佐美先輩、千佳のサポートお願いします」と伝え、アステロイドで遊真と戦う香取を狙っていく。

染井が「葉子が挟まれるわ」「近いほうからカバーして」「スナイパーが狙ってるはずだから警戒」と言うと、三浦と若村はカメレオンを起動していく。

宇佐美が「二人来るよ、修くん」「香取隊ならカメレオン使ってるかも」「レーダー見て対処してね」と言うと、修は「了解」「準備は万端です」と答えていく。

香取は「落とすのは、弱いやつから」と修を狙っていく。

それを確認した三浦が「ヨーコちゃんも三雲くん狙いだ」と言い、若村と共に修を狙っていく。が、修に向かった香取が空中で大きく態勢を崩していく。

そこを千佳がレッドバレットで狙うが、三浦に庇われ防がれる。





玉狛第二の新技

修のアステロイドをシールドで防いだ若村が修に反撃しようとするが、香取が「そっちじゃない」「小さいほうが来る」と言い、遊真が向かってくる。若村が空中の遊真を狙おうとするが、遊真は空中のワイヤーを利用して縦横無尽に動いて若村に攻撃していく。

香取が「場所変えるわよ、ワイヤーだらけだわ」と言うと、三浦が「でも腕が」と言うが、香取が躊躇いもなく三浦の腕を斬り落としていく。

香取が「スナイパーも狙ってる、この場所は不利よ」と言うと、若村は「何をえらそうに」「そもそもてめーが一人で突っ込むからこんな」と責め、香取は「責めないでよ、やる気なくなるでしょ」と返していく。

武富が「玉狛第二の新技が早くも飛び出しました」「三雲隊長のワイヤートリガー「スパイダー」と空閑隊員の高速機動の併せ技」「そして、雨取隊員のライトニング+「レッドバレット」」「香取隊は開始早々に手痛い傷を負った」と実況していく。

出水が「なるほどなー、スパイダーは味方にだけ見やすくできる」「敵にとっては「障害」、空閑にとっては「盾」であり、「足場」になるわけだ」「空閑の身軽さとグラスホッパーにあわせたら、ヤバい機動力になりそうだな」と言うと、友枝は「雨取隊員のライトニングレッドバレットも面白いですね」「集中シールドでも防げないことに加えて、射撃の瞬間はバッグワームが使えなくなることを差し引いても、前の「大砲」より人目を引きにくい」「とはいえ、莫大なトリオンがないとこの組み合わせは成立しない」「他の人には真似できない芸当ですね」と解説していく。武富は「ラウンド4からわずか数日、玉狛第二が新技をひっさげて帰ってきた」「敗戦がチームに進化をもたらしたのか、対する2部隊はどう戦う!?」と実況していく。

<<前の話 138話 次の話>>

【ワールドトリガー】全話・全巻ネタバレ一覧ワールドトリガーのネタバレ記事をこちらにまとめております。ワールドトリガーの今までの話をこちらから振り返ることができるので、今までの話を...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。