ワールドトリガー

【ワールドトリガー】128話のネタバレ【ガトリン・ラタリコフのトリガーが明らかに】

ワールドトリガー128話のネタバレを掲載しています。128話では、ガトリンの大砲でいきなり格納庫を狙われるが、村上のシールドで何とか防いでいく。ガトリンとラタリコフのトリガーが明らかになり、太刀川たちはガトリンとラタリコフを分断して戦うことに決めていく。ワールドトリガー128話の内容を知りたい方はご覧ください。

ワールドトリガー128話のネタバレ

分断

ガトリンが左腕の銃でいきなり格納庫を狙う。

村上がシールドで弾くが、その隙を犬型のトリオン兵に狙われ右腕を切断されてしまう。

ラタリコフがデスピニスで攻撃していくと、風間が姿を現したので「ということは、消えたままじゃ武器を使えないってことか?」と考えていた。

ガトリンがアームで攻撃していく。

村上が攻撃を放った隙に太刀川が旋空弧月でラタリコフで狙おうとするが、ガトリンに防がれる。

小南が双月で攻撃していくとガトリンのアームが破壊され、ガトリンは「「バシリッサ」のアームがブラックトリガー以外に折られるとはな」と考えていた。

ガトリンが「ラタ、ドグを追加して引き気味に戦え、狙われてるぞ」と言うと、ラタリコフは「「弱い敵から集中して落とす」、基本に忠実な相手ですね」と返していく。ガトリンが「大砲のチャージにはもうしばらくかかる」「10分で片付けるのは無理だな、15分に変更だ」と伝え、ラタリコフは「了解です」と答える。

太刀川が「やっとこさ鎌一本か、こいつは骨が折れる」と言うと、小南は「トラップ踏む気配もないし、冬島さんに全部ショートワープに変えてもらったほうがいいかも」と言い、風間は「ハンガー狙いでこっちの動きを制限してくるのが厄介だな」と言い、村上は「ブラックトリガーでもない限りあの威力で連発はないでしょう」「あと一発は俺が止めますよ」と言う。風間が「よし、その間に敵を減らすぞ」と言うと、小南が「どっちから?」と聞き、太刀川は「軽い方からって言いたいとこだが、重い方を先に料理しなきゃならなそうだな」と言う。小南が「犬、また増えたんだけどなんでいっぺんに使ってこないの?」と言うと、太刀川が「多すぎると細かく動かせないんだろ」「連携しなきゃただの雑魚だ」と言う。風間が「飛び回るリングも犬も、重い方の攻撃をサポートしている」「分断したほうがいい」「軽い方は俺のカメレオンを警戒しているようだ」「ちょうどいいから俺が受け持つ」「重い方は三人でかかれ、犬は各々で対処する、いいな?」と言うと、3人は「了解」と答えていく。

本国までの道を開く

ヒュースは「この相手がロドクルーンなら兵士は戦場には出てこないはず」「戦闘が終わってトリオン兵を回収する際に接触するしかない」「だが、ミデンの兵士がトリオン兵を全滅させればその機会も失われる」「もしガロプラがこの戦いに参加しているなら、兵士に直接参加できる可能性は多少高まる」「ガロプラは小国だが兵士は精鋭」「多数を相手取って戦うためのトリガーを持っている」「兵士の数で不利があっても、戦場に出てくる確率は高い」「いずれにせよ分のよくない賭けだが、なんとしてもここで本国までの道を開く」と考えていた。

<<前の話 128話 次の話>>

【ワールドトリガー】全話・全巻ネタバレ一覧ワールドトリガーのネタバレ記事をこちらにまとめております。ワールドトリガーの今までの話をこちらから振り返ることができるので、今までの話を...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。