ワールドトリガー

【ワールドトリガー】124話のネタバレ【ガロプラがボーダー基地内に侵入】

ワールドトリガー124話のネタバレを掲載しています。124話では、大量のアイドラがボーダー基地に侵攻を始め、ボーダーのスナイパーとガンナーが迎撃していく。アイドラに変装していたガロプラの人型ネイバーは、ワープホールを使いボーダー基地内に侵入していく。ワールドトリガー124話の内容を知りたい方はご覧ください。

ワールドトリガー124話のネタバレ

迎撃開始

沢村が「ゲート発生」「北東方向距離400」「レーダーに多数の反応あり」「ネイバーの計画的侵攻と思われます」「B級ランク戦夜の部まであと30分」「上位は影浦隊・弓場隊・東隊、中位は玉狛第二・香取隊・柿崎隊が対戦予定です」「予定通りランク戦を実施するならこの6チームは防衛作戦に参加できません」「いかがいたしますか?」と聞くと、忍田は「問題ない、ランク戦はそのままやってもらう」「迅の予知では可能性は低いが、敵が万が一隊員を狙った場合はランク戦を注視して戦闘に参加だ」「指揮は東がとる」「海上警備の風間隊と解説の二人にもそう伝えてくれ」「陽動の可能性を考慮して西と南に1部隊ずつ残す」「それ以外の外の戦力は北東に集中だ」「トリオン兵の大軍が来るぞ」と指示していく。

ヒュースがレーダーを確認し「このアイドラの数、ロドクルーンのトリオン兵団か」「このところここの人員が出払っているとこを見ても、大きな戦闘があるのはまちがいない」と考えていた。

迅が「おれたち今日も本部に詰めるから」「ヒュースのことたのんだぞ、陽太郎」と伝えており、陽太郎は「うむ、まかせろ」「後輩はおれがまもる」と意気込んでいた。

夜になると陽太郎はぐっすり眠っており、その隙にヒュースが部屋を出ていく。

ヒュースが「「ランビリス」はどこだ?」「さすがにこんなわかりやすい場所には置かないか?」「迅が持っている可能性もある」「賭けで取り戻しておくべきだったか」「仕方ない」「「ランビリス」は本国に戻れば予備がある」「今はこの機を逃さず属国と接触することが先決だ」と考え、「世話になったな、先輩」と玉狛支部を後にしていく。

レイジが「司令部、こちら木崎」「狙撃班位置についた」と連絡すると、当真も「こちら当真」「同じく準備完了」と伝えていく。

集団戦闘用トリオン兵アイドラの大軍が押し寄せ、レイジが「迎撃を開始する」と指示していく。





侵入

アイドラがシールドで狙撃を防いでいく。

狙撃でアイドラが止まらず別役が「ととと、止まんないっす」「どどど、どうします!?」とテンパっていると、古寺が「1体ずつ集中して倒しましょう」と伝え、佐鳥は「OK、左端からいくか」と合わせていく。

嵐山がガンナー隊に「側面から崩すぞ」「狙撃班の援護だ」と指示していく。

レギーが「アイドラがガンガン削られてる」「やっぱ完全に待ち構えてんじゃねーか」と言い、別の隊員が「ミデンの部隊が集まって来ます」「どうしますか?隊長」と指示を仰ぐと、ガトリンは「このまま行く」「屋上を1分黙らせろ」と伝えていく。

ガロプラ隊員が屋上に何かを放つと、ゲートが出現しトリオン兵が出現してくる。

武闘派スナイパーの荒船とレイジが迎撃していく。

レイジが「下の部隊は一旦退け」「狙撃なしだと数に食われるぞ」と伝えていき、ガンナー部隊は一時退いていく。

天羽が「まずいな」「人型トリオン兵の中に、色がちがうやつがいる」と告げていく。

三体のアイドラが壁に穴を作り、基地内に侵入してくる。

三体のアイドラの正体はガトリンらガロプラの人型ネイバーだった。

ガトリンが「予定通りだ」「10分で終わらせるぞ」と告げていく。

<<前の話 124話 次の話>>

【ワールドトリガー】全話・全巻ネタバレ一覧ワールドトリガーのネタバレ記事をこちらにまとめております。ワールドトリガーの今までの話をこちらから振り返ることができるので、今までの話を...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。