ウマ娘

【ウマ娘シンデレラグレイ】9話のネタバレ【オグリがジュニアクラウンを制す】

ウマ娘シンデレラグレイ9話のネタバレを掲載しています。9話では、「マーチに負けたくない」と感じたオグリキャップは、さらにもう一度スパートを掛けジュニアクラウンを制した。六平は「中京盃はやめておけ」という謎の言葉を北原に伝えていた。ウマ娘シンデレラグレイ9話の内容を知りたい方はご覧ください。

ウマ娘シンデレラグレイ9話のネタバレ

おまえには、負けん

フジマサマーチは「子供の頃から友人と呼べるような者は一人もいなかった」「走る事に集中する為には友人などむしろ邪魔でしかない」「同年代の連中が馴れ合いに現を抜かしている間、私は朝から晩までどんな過酷な練習にも耐えて耐えて耐えて」「結果、今まで一度も負けた事が無い」「正しい努力には正しい結果が伴う」「そして、力ある者は常に、相応しい結果を求められる」と振り返っていた。

フジマサマーチが「息が苦しい」「肺が張り裂けそうだ」「だが、驚くほど調子が良い」「自分のスピードに足の回転が追いつかないくらいに」「感謝するぞ、オグリキャップ」「貴様のおかげで私は」と嬉しさを感じていると、オグリキャップは「おまえには、負けん」とおぞましい気を放ちながらさらなるスパートを掛ける。

そして、オグリキャップが1着でゴールとなる。





中京盃はやめておけ

オグリに負けたマーチが「負けた?この私が?」と現実を受け入れられずにいると、「何故、何故だ、オグリキャップ」「一度目のスパートで貴様は既に限界だった筈」「何故二度もスパートをかけることができた!?」と問い詰めると、オグリは「よく分からないけど多分マーチのおかげだ」「「負けたくない」って思ったら、自分でも知らない力が出せた」「「頂上を決めなければ山は登れない」、今ならなんとなく分かる気がする」「一緒に東海ダービーで走ろう、マーチ」と手を差し伸べる。

マーチも「ハッ、「一緒に」か」「次は負けん」と握手を交わす。

レースを観戦していたタマモクロスは「オグリキャップか」「おもろいやん」「その顔、覚えとくで」と去っていく。

ウイニングライブを行うオグリを見て、ベルノが「あれ?なんかちょっとダンス上手くなってる?」と驚いていた。

六平が「おい、ジョー」「あいつ、次のレースは?」と聞くと、北原は「一応、中共盃を考えてます」「中京レース場は地方では珍しく芝が経験できる場所ですし、今後の為にも遠征には慣れておきたいので」と答えるが、六平は「東海ダービーが目標っつってたな?」「なら中京盃はやめとけ」と伝え去っていく。

六平の言葉を聞いた北原は「ちょ、ろっぺいさん!?」「ンだよ偉そうに」「中京盃の何がダメってんだよ」「ジュニアクラウンの次は中京盃」「当然な流れの筈だ」「オグリの為を思うなら、絶対に走らせるべきだ」とか考えていた。

<<前の話 9話 次の話>>

【ウマ娘シンデレラグレイ】全話ネタバレ一覧ウマ娘シンデレラグレイのネタバレ記事をこちらにまとめております。ウマ娘シンデレラグレイの今までの話をこちらから振り返ることができるので、...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。