ウマ娘

【ウマ娘シンデレラグレイ】6話のネタバレ【オグリとフジマサマーチが邂逅】

ウマ娘シンデレラグレイ6話のネタバレを掲載しています。6話では、ノルンエースがオグリキャップに「いじめてごめん」と謝り、関係が修復されていく。トレーニングに励むオグリキャップは、偶然フジマサマーチと出会うことに。ウマ娘シンデレラグレイ6話の内容を知りたい方はご覧ください。

ウマ娘シンデレラグレイ6話のネタバレ

いじめてごめん

オグリキャップが新聞の一面を飾っていた。

オグリが大量のそばを食べていた。

ベルノが「今日はまた一段と多いね」と言うと、オグリは「レース後はすごくお腹が空く、不思議だ」と返す。

そこに、ノルンエースが席に着く。

ミニーたちも現れベルノが「な、何の用!?」と言うが、「別にケンカ売りに来たわけじゃねぇって」「ノルンが話あるんだってよ」と不良っぽいウマ娘が伝えていく。ノルンが「部屋、片付けたから」とオグリに伝えると、オグリは「?」「お疲れ様?」と意味がわかってないような返事を返す。ノルンが「部屋戻って来て良いつってんの」「あーしとアンタ相部屋でしょ」と伝えるが、オグリは「そうだっけ?」と返し「物置部屋気に入ってたんだけどな」と感じていく。

ノルンが「それと、これ」「ウチの親がやってるダンス教室の回数券」「毎度盆踊り踊られてもたまんないし、あげるから練習しに来なよ」「あと、いじめてごめん」と回数券を渡しながら謝っていくが、オグリは何のことか理解できていない様子だった。

ノルンたちがその場を去り、ミニーが「ノルン顔真っ赤じゃん」といじると、ノルンは「うっさい」「大体アンタ達も」と返し、窓の外を見るとフジマサマーチの姿を見つけていく。

そこに、「見つけたー」「アンタ達ッ、また練習サボって」「そんなんだから揃いも揃ってオグリに負けんのよ」とトレーナーが現れ、わちゃわちゃしていく。





この景色はなかなか良いな

金華山にて、「これからは連戦だ」「距離も長くなる」「ベルノもデビューが近いから2人共体力つけるぞ」と北山の指揮の元、オグリとベルノが山道を走っていた。

ベルノが「坂きつい」と感じていると、オグリが「ベルノ」「靴ありがとう」「正直、靴は走れるなら何でもいいと思ってたけど、あんなに違うものなんだな、すごく走りやすかった」「あのレースで勝てたのは、ベルノのおかげだ」と感謝を伝え、ベルノは「誰かの役に立てるのって良いな」「なんだか私も一緒にレースで勝てたみたい」「まぁ現実はこの有様なんだけど」とオグリの言葉に喜んでいた。

ベルノが疲れて座り込んでいると、オグリが「飲み物買ってくる」と一人自販機を探していく。すると、偶然フジマサマーチと出会う。

オグリを探しにきた北原がマーチといるのを見つけ「あれはマー」と叫ぼうとするが、柴崎が「今は2人にしてやってください」と止める。

マーチから「こうして2人で話すのは初めてだな」「一つ聞いておきたい事がある」「貴様の目標は何だ?」「私の目標は東海ダービー」「カサマツだけじゃない、東海全体の同世代、その頂点を決める最高峰のレース」「私はその頂の景色を見てみたい」「貴様は何の為に走っている?何を目指してレースに出る?」と聞かれると、オグリは「何の、為」「考えたこともなかったな」「目標、か」と考えていた。マーチは「どうりで気に食わんワケだ」「貴様は速い」「おそらく学園でも屈指のウマ娘だ」「だが、そのままでは速いだけだ」「頂上を決めなければ山は登れない」「ジュニアクラウンに出ろ、オグリキャップ」「貴様を倒して私は頂上へ行く」と言い放つ。

柴崎が「すみません、ジョーさん」と謝るが、北原は「いいよ、別に」「お前が必要だと思ったんだろ?」「まぁ、どうやらこちらにとっても収穫はあったようだしな」と返していく。

オグリは「目標、頂上」「正直、まだよく分からないけど」「でもまぁ確かに、この景色はなかなか良いな」と感じていた。

<<前の話 6話 次の話>>

【ウマ娘シンデレラグレイ】全話ネタバレ一覧ウマ娘シンデレラグレイのネタバレ記事をこちらにまとめております。ウマ娘シンデレラグレイの今までの話をこちらから振り返ることができるので、...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。