ウマ娘

【ウマ娘シンデレラグレイ】46話のネタバレ【スーパークリークの物語が始まる】

ウマ娘シンデレラグレイ46話のネタバレを掲載しています。46話では、ヤエノムテキが得意のポジションをキープし順調にレースを進めていく。ヤエノムテキがトップを狙うべく一気にスパートをかけるが、スーパークリークがそれを上回るスパートを見せていく。ウマ娘シンデレラグレイ46話の内容を知りたい方はご覧ください。

ウマ娘シンデレラグレイ46話のネタバレ

脳の疲弊

「18人が一斉にゲートを飛び出した」「おっと、もたついたウマ娘もいるが、注目の1枠1番ヤエノムテキは好スタート」と実況される。

ヤエノムテキが「よし、いつものポジション」「これなら」と6番手から7番手あたりをキープする。

奈瀬が「クリークは中団」「序盤は淀みのない流れといったところだが」「タフなレースになりそうだ」とレースを観ていた。

六平が「菊花賞は運やスピードだけでは勝てない、何が必要だと思う?」と聞くと、ベルノは「やはり持久力でしょうか?」「この距離になってくると掛かっていなくても後半バテそうですし」と答えるが、六平は「半分正解だ」「3000Mという距離はウマ娘といえど、全力で走りきるには筋疲労の限界に近い距離だ」「終盤は当然苦しくなる」「だが問題はそれだけじゃない」「ここ脳の疲労だ」「菊花賞は距離も長いがそれ故に時間も長い」「過度な運動は認知機能を低下させる」「集中力は切れ、視野は狭くなり判断は遅くなる」「そんな中でいかに冷静なまま思考し続けられるかが鍵になる」「肉体と脳の持久力、長距離は総合力の勝負だ」と説明していく。

それを聞いたオグリは「この間の天皇賞(秋)が2000M」「プラス1000Mか、たしかにちょっとキツそうだ」と感じていた。



僕達の物語を

ヤエノムテキが「まだ800Mもある」「だいぶ疲労も溜まってきたが、それは皆同じ」「ここから」とスパートをかけるが、スーパークリークも後ろにつけてくる。

スーパークリークは奈瀬とのやり取りを思い出していた。

奈瀬は「診せて」「ガラスのような脚」「おそらく軽い捻挫だね」「一つ約束をしよう」「クリーク、僕のことを信じてくれ」「君をシンデレラにしてみせるよ」と伝えていた。

18人のウマ娘は第4コーナーに差し掛かる。ヤエノムテキが「前は塞がっている」「内へ行くのは不可能」「ならば、抜け出すルートはただ一つ、外」と外から直線へスパートをかける。

奈瀬が「クリーク、よく今まで我慢した」「少し遅れてしまったが、君ならこの程度問題ないだろう?」「此処からだ」「さぁ始めよう、僕達の物語を」と言うと、スーパークリークが内からスパートをかけていく。

<<前の話 46話 次の話>>

【ウマ娘シンデレラグレイ】全話ネタバレ一覧【最新話あり】ウマ娘シンデレラグレイのネタバレ記事をこちらにまとめております。ウマ娘シンデレラグレイの今までの話をこちらから振り返ることができるので、...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。