ウマ娘

【ウマ娘シンデレラグレイ】40話のネタバレ【怪物オグリがタマモクロスの背後に迫る】

ウマ娘シンデレラグレイ40話のネタバレを掲載しています。40話では、タマモクロスがラスト400mの東京レース場の坂でロードロイヤルを引き離しトップに躍り出る。タマモクロスが「あとは位置取りでオグリに勝てる」と確信していくが、タマモクロスの背後にはすでにオグリが迫っていた。ウマ娘シンデレラグレイ40話の内容を知りたい方はご覧ください。

ウマ娘シンデレラグレイ40話のネタバレ

怪物の脚音

外から一気にオグリキャップがまくってくる。

脚音を聞きタマモクロスは「3、いや、4バ身以上か?」「そんだけ距離あってもここまで響いてきよる」「まさに「怪物の脚音」やな」とオグリキャップの追い上げを警戒していた。

オグリキャップは「最後の直線」「ここまで我慢してきた分、脚には充分な溜めがある」「まるでここが、スタートだと思えるほどに」とものすごい勢いで追い上げていく。





おそらく互角

観戦するマルゼンスキーが「これは、本当にあるかもしれないわね」と言うと、シンボリルドルフは「あぁ」「どちらか、或いは」と言う。

残り400m、タマモクロスが「来おったな」「東京レース場ラスト400mに聳える高低差2mの坂」「1600mを走ったコンディションで臨むまさしく心臓破り」「大概のウマ娘はここでいっぱいになる」と考えていた。

タマモクロスが「まぁ、ウチには関係あらへんけどな」「ウチの脚は止まらへん、止まれへんのや」とロードロイヤルを突き放し先頭に立っていく。

タマモクロスは「ウチと怪物の末脚はおそらく互角」「ならあとは単純に位置どりのお話や」「先行したのはやっぱ正解やった」「この位置なら奴のスパートにも反応できる」「おまけにロードロイヤルが仕掛けよった作戦にいち早く気付けた」「おかげさんで2番手からでも十分」「いや、十二分に溜めを以て直線に臨めとる」「ならあとやる事は一つや」「残ったモン全部ブチ込んで、更に追い込む」と考えていくが、背後にはオグリキャップが迫ってきていた。

<<前の話 40話 次の話>>

【ウマ娘シンデレラグレイ】全話ネタバレ一覧ウマ娘シンデレラグレイのネタバレ記事をこちらにまとめております。ウマ娘シンデレラグレイの今までの話をこちらから振り返ることができるので、...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。