ウマ娘

【ウマ娘シンデレラグレイ】11話のネタバレ【北原が中央トレーナーのライセンスを持っていないことが判明】

ウマ娘シンデレラグレイ11話のネタバレを掲載しています。11話では、北原が中央トレーナーのライセンスを持っていないため、オグリとともに中央に行くことができないことを明かしていく。北原はついにオグリに中央からスカウトがかかっていることを告げていく。ウマ娘シンデレラグレイ11話の内容を知りたい方はご覧ください。

ウマ娘シンデレラグレイ11話のネタバレ

いつか俺も、東海ダービーに

25歳時の北原がテレビで競馬を観ながら「はぁー、つまんねぇ」とつぶやく。

そこに、六平が部屋に入ってくる。

北原が「な、なんスか、急に」と言うと、六平はトレーナーの募集用紙を突きつけ「俺がカサマツに口効いてやる」「お前トレーナーやってみろ」と伝えていく。

北原が「はぁ!?俺が!?」と返すが、六平は「どうせ仕事辞めて暇なんだろ?」「それともこのまま腐ってんのがお望みか?」「少なくとも、画面越しに眺めてるよか楽しいぜ」と告げる。

北原は中京レース場の東海ダービーを観にきていた。

六平が「どうだ?生で観るレースもなかなか」と言うと、北原は「ここがいい」「いや、ここにいたい」「いつか俺も、東海ダービーに」と夢見ていく。

北原はシンボリルドルフにオグリをスカウトされたことを思い出しながら「やっと巡り合えたと思ったのに」「やっと、夢が叶うと」と拳を握り締めていく。

ベルノが「トレーナーさん」「タイム、ストップウォッチ押してないじゃないですか」とツッコむと、オグリは「キタハラ、なんだかぼーっとしてる」「疲れてるのか?」と声をかける。北原は「そ、そうか?」「確かに少し寝不足かもな」「なぁ、オグリ」とスカウトの話をしようとするが、「いや、なんでもない」と伝えられずにいた。

阪神レース場の鳴尾記念をタマモクロスが勝ち取っていた。

「怒涛の3連勝、覚醒しましたね」とインタビューされると、タマモクロスは「どやぁー」「4連勝でも5連勝でもいったるで」と笑顔で答える。

「何か切っ掛けなどあったのでしょうか?」と聞かれると、タマモクロスは「おん、せやねん」「笠松でどえらい芦毛見掛けてな」「アイツには負けられへん」とオグリキャップを想像しながら答えていた。



中央のトレーナーライセンスを持ってないんだ

散歩していたベルノライトが北原に声をかける。

オグリの足跡を見つけたベルノが「あ、オグリちゃんのいつも走ってるコースだ」「蹴りの力が強くて芝が剥げちゃってるからすぐ分かるんですよね」と言うと、北原は「なぁベルノ、オグリは中央へいくべきだと思うか?」と尋ねる。ベルノが「え、ななな、何の事」と動揺しながら返すと、北原は「聞いてたろ」「オグリは地方におさまるような器じゃないのかもしれない」「東海ダービーどころか中央の日本ダービーだって」と話していく。ベルノが「カサマツから中央へ行って成功したウマ娘はまだいないから分からないですけど、オグリちゃんならあるいは」と返し、北原も「だよ、な」と納得する。ベルノが「で、でも、トレーナーさんなら中央へついて行くことも」「東海ダービーは残念ですけど」と言うが、北原は「無いんだよ」「中央トレーナーライセンスを持ってないんだ」「オグリが中央に行けても俺は」と伝えていく。

北原が「薄々分かってたんだ」「レースに勝てたのも一番人気になれたのも、全部アイツ自身の実力だ」「すげぇのはオグリであって、俺じゃない」「アイツは俺みたいな三流じゃなく、中央の、一流のトレーナーのもとで戦うべきウマ娘だったんだ」「情けねぇよな」「やっと、掴みかけたと思ったのに」と座り込むと、ベルノは「トレーナーさん、大事なこと忘れてます」「オグリちゃんの気持ちです」「なんで中央に行くって決めつけてるんですか」「まずはオグリちゃんに聞いてみるべきでしょう、中央に行くか、ここに残るか」と伝え、北原は「あぁ、そうだな」「まったくその通りだ」と返していく。

北原は「オグリキャップ、話がある」とオグリキャップの元に来ていた。

<<前の話 11話 次の話>>

【ウマ娘シンデレラグレイ】全話ネタバレ一覧ウマ娘シンデレラグレイのネタバレ記事をこちらにまとめております。ウマ娘シンデレラグレイの今までの話をこちらから振り返ることができるので、...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。