東京卍リベンジャーズ

【東京卍リベンジャーズ】7話のネタバレ【東京卍會幹部となった千堂敦が登場】

東京卍リベンジャーズ7話のネタバレを掲載しています。7話では、過去を変えたことで千堂敦が現東京卍會の幹部になっていることに気づく。そして、タケミチたちはマイキーの手がかりを探るため、千堂敦に会うことにする。東京卍リベンジャーズ7話の内容を知りたい方はご覧ください。

東京卍リベンジャーズ7話のネタバレ

過去を変えたから!?

ナオトが「二度目のタイムリープでわかった事があります」「タケミチ君が過去に戻っている間、君はずーっと仮死状態でした」「まるで魂だけ抜けたように」「君のタイムリープの能力は12年前の同じ日に戻る」「例えば今日、過去に戻ったとしたら12年前の今日に着き、12年前の1週間後からこっちに帰ってくれば現在も1週間経っているという事です」「つまり、過去に戻っている1週間、この間は君の意識は過去に行っている」「空の器だけが現在に残っていたわけです」と説明し、タケミチが「それで仮死状態ってわけか」と納得し、ナオトは「ええ、タイムリープする時はボクの部屋でしましょう」と提案する。

ナオトが「で、結局佐野と稀咲、二人を出会わせないミッションはどうなったんですか?」と聞くと、タケミチは「マイキー君とはあったよ」「聞いてよナオト、マイキーは不良だけでいい奴でさ」と伝えるが、ナオトは「は!?」「なんで殺さなかったんですか?」「姉を殺した奴がいい奴!?」「過去で言いくるめられたんですか!?」「いいですか!?そのマイキーは今あらゆる犯罪に手を染めて警察でも手に負えない男ですよ!?」「できる事ならこの手で殺してやりたい」と悔しさを口にする。

タケミチが「ナオト、マイキー君に会おう」と言うが、ナオトは「そんなの絶対駄目ですよ」と反対する。タケミチが「本人に会って直接聞いてみたいんだ」と言うが、ナオトは「何を聞いても一緒ですよ」とやはり反対する。タケミチが「マイキーは信用できる人間だ」「なんで東卍が変わっちまったのか、マイキー君の本心を聞きたい」「もう1回過去に行く前に確かめておきたいんだ」「一緒にマイキー君を捜してくれ」「頼むよ、ナオト」とお願いすると、ナオトは「過去で何があったか知りませんが、変わりましたねタケミチ君」「ちょっとだけですけどね、弱々しさがなくなりました」「マイキーに会える方法を探しますか」「とは言ったものの、マイキーは恐ろしいほど慎重です」「警察でもシッポを摑めない」「ケータイも恐らく飛ばし、住所も自分の名義じゃない」と情報を伝える。タケミチが「本当だ、過去で聞いた番号にはもう繋がらないや」と言うと、ナオトは「それは当然です、12年前ですよ?」「簡単には見つからないでしょう」「タケミチ君はそこの資料整理を」と指示すると、タケミチは「改めて見るとマジやべーな東京卍會」「しかし、すげー資料の山だな」と資料整理に励む。

ナオトが「誰だ?これ?」と一枚の写真を見て言うと、タケミチは「ん?東卍幹部千堂敦」「アッくんじゃん」と写真の男の正体に気づく。

ナオトが「アッくん?タケミチ君の友達の?」「ん?おかしいです」「彼なら16の時に東卍の清水将貴という男を刺して捕まり出所後は末端のチンピラだったはずです」と言うと、タケミチが「もしかして、過去を変えたから!?」と真相に気づく。

タケミチが「キヨマサ君を襲わずにすんだアッくんは警察に捕まらなかった」と言うと、ナオトが「タケミチ君がマイキーと仲良く鳴り、そして千堂も」とアッくんが東卍幹部となった経緯を察していく。ナオトが「千堂と連絡は取れますか?」と確認すると、タケミチは「あ、うん」「家に帰れば多分」と答え、ナオトは「幹部になった今の千堂敦ならマイキーに繋がれますよ」「行きましょう」とタケミチの家に向かっていった。



オマエが来るのをずっと待ってたんだ

タケミチが「汚ぇよ、覚悟しといて」と言うと、そこは想像以上の汚さだった。

タケミチが「ちょっと待って、昔使ってたメモ帳探すから」と二人でしばらく捜索すると、メモ帳を発見する。

タケミチが「番号変わってないといいけど」とアッくんに電話をかけると電話が繋がり、アッくんとの思い出を思い出す。タケミチは「ねぇ、アッくん」「もしさ、卒業して皆違う道進んで全く会わなくなってさ、大人になったらどんな話するんだろーな?」と言うが、アッくんは「バーカ、変わんねーよ」「ずっと友達だ」と伝えていた。

ナオトが「呼び出されたのはここですか」とアッくんに呼び出された場所に到着して言うと、タケミチは「うん、アッくんの経営してるキャバクラだって」と伝える。ナオトが「大丈夫ですか?そんな所にのこのこ行って」「今の千堂は東卍の幹部なんですよ?」と言うが、タケミチは「バカだなー、ナオトは」「友情ってのはそう簡単に変わんねーんだよ」と能天気に向かっていった。

タケミチたちが盛大に迎えられる。

タケミチが「せ、千堂さんと待ち合わせしてるんですが」と言うと、ボーイは「君が?ウチの社長と?」「オイ、なんかみすぼらしーのが来てっけど社長ってアポある?」と確認し、アポの確認が取れると「なんだもー、言ってくださいよ花垣さーん」「社長の親友ならすぐにでもお通ししたのに」「VIP2名様ご案内ー」と速攻心変わりでアッくんの元に案内していく。

タケミチの手が震えているのを見てナオトが「手ぇ震えてますよ?」と言うと、タケミチは「ビビってねーし」と返し、内心「大丈夫」「どんなに身分が違ったって、どんなに偉くなってたってアッくんはアッくんさ」と考えていたがガチガチにビビってしまっていた。

そこに「変わんねぇなぁ」と東京卍會幹部となった千堂敦が声をかけてくる。

アッくんが「リーゼントじゃねーから気付かなかったか?」「もっと早く声かけようと思ったんだけどさ、懐かしてつい」と言うと、タケミチは「アッくんだ」「見た目は全然違うけどアッくんだ」と安心していた。アッくんは「マイキーさんに会いてぇんだろ?」「オマエが来るのをずっと待ってたんだ、タケミチ」と伝えていく。

<<前の話 7話 次の話>>

【東京卍リベンジャーズ】全話ネタバレ一覧【最新話あり】東京卍リベンジャーズのネタバレ記事をこちらにまとめております。東京卍リベンジャーズの今までの話をこちらから振り返ることができるので、今ま...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。