東京卍リベンジャーズ

【東京卍リベンジャーズ】64話のネタバレ【東卍と芭流覇羅の抗争「血のハロウィン」が終結】

東京卍リベンジャーズ64話のネタバレを掲載しています。64話では、東卍と芭流覇羅の大規模抗争「血のハロウィン」が終結を迎える。場地を殺したことで鑑別所行きとなった場地だったが、「オマエを許す」というマイキーの伝言が伝えられる。東京卍リベンジャーズ64話の内容を知りたい方はご覧ください。

東京卍リベンジャーズ64話のネタバレ

血のハロウィン

パトカーのサイレンが鳴り響き野次馬の不良たちは解散していく。

一虎が「オレは場地と残る」「みんな行ってくれ」「オレの起こした事だ」「自分でケジメをつけたい」と言うと、マイキーは「わかった」と後にし、ドラケンも「東卍もここで解散だ」と東卍の仲間たちに告げる。

一虎が「マイキー」「許してくれなんて言えねぇ」「真一郎君の事も場地の事も一生背負って生きていく」と頭を下げると、マイキーは何も言わずに去っていった。

2005年10月31日。東京卍會150人vs.芭流覇羅300人。この類を見ない大抗争は東京卍會の勝利。そして、死者1名、逮捕者1名を出すという悲惨な結果に終わった。この抗争が後に血のハロウィンと呼ばれる。



オマエを許す

2週間後。千冬が場地の墓参りに来て「場地さん」「初めて会った時もそうだったっスね」「約束通り買ってきましたよ」「半分コ」「場地さん」「ありがとうなんて、ズリぃよ」「オレはこれから、どうしたらいいんスか!?」とペヤングをお供えしながら涙を流していた。

タケミチとドラケンが鑑別所に面会に来ると、一虎は「「懲役10年は覚悟しろ」って言われたよ」「短いくらいだよな」「もう逃げねぇ」「向き合わないといけない」「アイツがそう教えてくれた」「だから、今度こそちゃんと更生するつもりだ」と語っていく。

ドラケンが「死ぬなよ、一虎」と言葉をかけると、一虎は「え?」「なんで」と驚く。ドラケンが「テメェの考えてる事なんてわかってんだよ」「自殺して詫びようなんて許さねぇかんな!?」と言うと、一虎が「でも、他にどうしたらいいか、わかんねぇんだよ」と返すが、ドラケンは「マイキーからの伝言だ」「これからもオマエは東卍の一員だ」「オマエを許す」と伝えていく。

面会の帰り、タケミチが「一虎君、どうかお元気で」と考えていると、ドラケンは「そうだ」「オマエにもマイキーから伝言を預かってるんだ、タケミっち」と伝えていく。

<<前の話 64話 次の話>>

【東京卍リベンジャーズ】全話ネタバレ一覧【最新話あり】東京卍リベンジャーズのネタバレ記事をこちらにまとめております。東京卍リベンジャーズの今までの話をこちらから振り返ることができるので、今ま...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。