東京卍リベンジャーズ

【東京卍リベンジャーズ】63話のネタバレ【東京卍會結成秘話が明らかに】

東京卍リベンジャーズ63話のネタバレを掲載しています。63話では、東京卍會を結成することになった時の話が描かれる。場地の想いを思い出したマイキーは、「ゴメンな、場地」と戦いをやめていく。東京卍リベンジャーズ63話の内容を知りたい方はご覧ください。

東京卍リベンジャーズ63話のネタバレ

オレらで暴走族を創るんだ

2年前6月。当時12歳のマイキーは場地のバイクの後ろに乗っていた。

マイキーが「つーか、いいなー、単車」「これゴキだろ?」と言うと、場地は「オウ」「ぶっ壊れて捨ててあったのを地味に直したんだ」「オレのゴキが東京一だ」と言い放つ。

それを聞いたドラケンが「は?東京一?」「オレのゼファーは日本一だけど?」と突っかかってくる。

三ツ谷も「オイオイオイオイ」「日本一とか聞き捨てならねぇなぁ」「オレのインパルスは世界一だぞ?」と突っかかる。

さらに、一虎も「重力圏内で争うなよ」「オレのケッチは宇宙一だ、コラ」と言い放つ。

みんなで言い争っているうちにパーちんが「オレのCBX400Fが最強だよー」「世界とか宇宙とかわかんねーけどさー」「くだらねー事言ってないでさー」「武蔵神社まで競争な?」とバイクで抜き去り、武蔵神社まで競争することになる。

場地が最下位で到着すると、「しょうがねぇだろ」「コイツ爆睡してんだぞ!?ずーっと」とマイキーを言い訳にしていく。

マイキーが目を覚ますと、ドラケンが「みんなに話ってなんだよ?マイキー」と本題に入ろうとする。

マイキーが「黒龍ってチーム、知ってる?」と聞くと、ドラケンは「メチャクチャヒデー奴らって噂は聞くよ」「3コ上だっけ?」と答える。マイキーが「なんで相談しねーんだよ、一虎」「場地に聞いたよ」「黒龍と一人でやり合ってんだろ?」と言うと、ドラケンは「なるほどね」「黒龍とやり合う気か?マイキー」と理解する。マイキーが「黒龍はデケぇ族だ」「やるからには大義名分が欲しい」と言うと、場地が「オレには案がある」「オレらで暴走族を創るんだ」「それそれのポジションも決めてある」「総長は天上天下唯我独尊男マイキー」「副総長は頼れる兄貴肌ドラケン」「みんなのまとめ役三ツ谷は親衛隊を任せる」「旗持ちは力自慢のパーちん」「オレとオマエは特攻隊だ、一虎」と告げていく。

一虎が「でも、いいのかな、そんな簡単に」と言うと、マイキーは「チーム名ももう決めたし」「東京万次郎會だ」と決めるが、「だせぇ」と総ツッコミを受けていく。

ドラケンをはじめ「まぁ、名前はともかく賛成だ」と名前以外には賛成する。場地が「これで決まりだな」「オレらの全てをオマエに預ける」「時代を創れ、マイキー」と言うと、マイキーが「おう」「どんなチームにしたい?」と尋ねる。場地は「うーん、そうだなぁ」「一人一人がみんなの為に命を張れるそんなチームにしたい」と答え、「記念にみんなでお守り買おーぜ」とお守りを買うことになった。



その日の約束を守る為に

マイキーが「これがその結成記念のお守りだ」「東卍を創ったのはオレじゃない」「場地だ」「誰かが傷ついたらみんなで守る」「一人一人がみんなを守るチームにしたい」「そうやってできたチームだったな」と言うと、タケミチは「場地君はずっと一人で戦ってたんスね」「その日の約束を守る為に」と涙を流し、マイキーは「ゴメンな、場地」と伝えていく。

<<前の話 63話 次の話>>

【東京卍リベンジャーズ】全話ネタバレ一覧【最新話あり】東京卍リベンジャーズのネタバレ記事をこちらにまとめております。東京卍リベンジャーズの今までの話をこちらから振り返ることができるので、今ま...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。