東京卍リベンジャーズ

【東京卍リベンジャーズ】6話のネタバレ【タケミチが現代に戻ってくる】

東京卍リベンジャーズ6話のネタバレを掲載しています。6話では、タケミチがヒナタの家に誘われ、一緒に花火を見ることに。そこで間違ってナオトの手を握ってしまい、タケミチは現代に戻ってきてしまう。東京卍リベンジャーズ6話の内容を知りたい方はご覧ください。

東京卍リベンジャーズ6話のネタバレ

花火

電車で学生たちが空気を読まずバカ騒ぎしていると、「ちょっと」「幅取り過ぎだよ」とヒナタが注意する。

ヒナタが「空いてる時ならいいけどさ、お婆ちゃん立ってるじゃん?」「空けてあげよっ?」と笑顔で言うと、学生たちは素直に詰めて座り、タケミチは「ヒナってすげえ」と感じていた。

ヒナタが「期末テストどうだった?」と聞くと、タケミチが「おっ、期末テストとか懐かしー」と意味不明な返しをしたので、ヒナタは「懐かしい?」とツッコむ。ヒナタが「ちゃんと勉強しよっ、夢あるんでしょ?」「よし、決めた」「ヒナが勉強教えてあげる」と伝えていく。

タケミチが「オレって夢とかあったっけ?」と考えながらヒナについていくと、ヒナタの家に案内される。

ヒナタが「どうしたの?」と聞くと、タケミチが「いやー、女子の部屋に入るのなんて初めてでさー」と答え、ヒナタは「そんなに見渡さないでいいの」とほっぺをつねっていく。

ヒナタの母親が「ごめんねー、急にだから何もなくて」「ヒナが初めて男の子連れてきたのに」と部屋に入ってくるが、ヒナタは「ママもういいよ」と早々に追い出していく。

ヒナタが「あ、そう言えば弟の事ありがとね」「不良に絡まれてるの助けてくれたって」「ウチのパパ忙しくてあんまり家に帰ってこなくてさ」「ナオトはそんなパパが嫌いだったくせに、この前お父さんみたいになるって急に言いだして」「パパ警察官なの」と言うと、タケミチは「なるほどー」「それでナオトは警察になったのか」とまた意味不明なことを言い、ヒナタは「え?なってないけど」「って言うかまだ無理だし」と当たり前の反応をする。

タケミチが「でも、助けてもらったのはオレの方かな」「あいつ、いい警官になると思うよ」と言うと、ヒナタは「タケミチ君変わったね」と伝える。タケミチが「えーっと、そっ、そうかな?」「ど、どのへんが?」と焦りながら返すと、ヒナタは「んー、なんか優しくなったって言うか、大人っぽくなったって言うか」「すごい年上の人と話してる気分」と言い、タケミチは内心「うん、12コ上」と考えていた。

ヒナタが「ヒナの知らない部分なのかな」「タケミチ君の事もっと知りたいな」と口にすると、外で花火が上がっていることに気づく。

ヒナタが「ねえ、屋上に見に行こうよ」とタケミチを屋上に誘う。





未来になんか戻りたくない

花火を見ながらタケミチが「やばい、楽しい」「前の人生にはこんな事なかった」「ここにずっといたい」「未来になんか戻りたくない」「だって未来には、ヒナはいない」「手ぐらい握ってもいいよな?」とヒナタの手を握るが、タケミチが握ったのはナオトの手だった。

タケミチが「ナ、ナオトゥゥ!!!?」「そんなバカなぁあああ」と叫ぶと、現代に戻ってきてしまう。

ナオトが「タケミチ君、気が付いたんですか!?」と声をかけると、タケミチは「やっぱり帰ってきちまったのかあぁああ」と悔やみまくる。

ナオトが「って事は過去に行けたんですね!?」「やっぱり握手がトリガーだったんだ」「ボクの仮説は間違ってなかった」と喜ぶ一方、タケミチは「はいはい、そーですね」と悲しさが勝ってしまっていた。ナオトが「そして君は戻ってきた」「わかりましたよ、これで全部」「そっちは?」「戻ってきたって事は進展があったんですよね!?」と言うが、タケミチが事情を説明し、ナオトが「間違えて握手した!?」「どーゆー事ですか!?タケミチ君」とツッコんでいく。

<<前の話 6話 次の話>>

【東京卍リベンジャーズ】全話ネタバレ一覧【最新話あり】東京卍リベンジャーズのネタバレ記事をこちらにまとめております。東京卍リベンジャーズの今までの話をこちらから振り返ることができるので、今ま...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。