東京卍リベンジャーズ

【東京卍リベンジャーズ】27話のネタバレ【ドラケンが心肺停止状態に】

東京卍リベンジャーズ27話のネタバレを掲載しています。27話では、警察が到着したことでキヨマサの取り巻きたちが逃げていき、なんとかタケミチたちの勝利となる。ドラケンが救急車で運ばれるが、まさかの心肺停止状態となってしまう。東京卍リベンジャーズ27話の内容を知りたい方はご覧ください。

東京卍リベンジャーズ27話のネタバレ

オレたちの勝ちだ

溝中五人衆が駆けつけ「タケミチ、事情は聞いた」「オレらに任せろ」「オレらだってやる時ゃやるんだよ」とその場を引き受けていく。

が、キヨマサの取り巻きたちが「カス共が群れたからってよー、何ができんの?」とボコボコにしていく。

その光景を見るタケミチが「ドラケン君スイマセン、オレ一人じゃ守りきれなかったっス」と伝え、「過去に来てからここまで何も上手くいかなかった」「でも」と考えていると、アッくんが「ムダな事?」「それでも引けねぇ時だってあンだよ」「なぁ、タケミチ」「絶っっ対ぇ負けねぇ」と不屈の意志を見せる。

タケミチが「みんな、ありがとう」「オレたちの勝ちだ」と感じていると、サイレンの音が響く。

ヒナタとエマが「タケミチ君、救急車来たよ」「警察も」と駆け寄ってくると、取り巻きたちは「バックレんぞ、テメーら」と逃げていった。

タケミチが「オレ、似合わない事ばっかしてずっと空回りして」「でも、ムダな事なんて一個もなかった」「アイツらがちゃんと見ててくれたから」と言い、ドラケンを救急車まで運んでいった。



オマエは俺の恩人だ

三ツ谷が「あー、しんどっ」とつぶやくと、ナホヤが「おーい、こっちは片付いたぞ」と近づいてくる。

マイキーは半間と対峙していた。

半間が「やっぱダリィ、マイキー」「息も上がってねぇのかよ」とダルがると、マイキーは「うっせぇ、早く死ね」と言い放つ。そこに「半間さん、そろそろ」とバイクに乗った半間の仲間が現れ、半間は「おう」「マイキー、もうすぐ関東最凶の暴走族連合が誕生する」「芭流覇羅だ」「オレは芭流覇羅初代副総長半間修二」「覚えておけマイキー、この先東卍に平和はねぇぞ」と宣言しバイクに乗って去っていった。

救急車で処置を受けるドラケンだったが、医師たちは「血を失いすぎてる」「被覆と止血急げ」と慌ただしくしており、タケミチが「大丈夫なんですか!?」と確認するが、「かなり危険な状態だ」と告げられる。

タケミチが「頼む、無事でいてくれ」と祈っていると、ドラケンが手を差し出し「ありがとな、タケミっち」「オマエは俺の恩人だ」と伝えていく。

タケミチが「止してくさだいよ、そんなセリフ」「ドラケン君に似合わないっスよ」と返すと、ドラケンは「マイキーを頼む」とだけ告げ、心肺が停止してしまう。

タケミチが信じられず「ドラケン君ーッ」と叫ぶと、マイキーはバイクでドラケンの元に向かっていた。

<<前の話 27話 次の話>>

【東京卍リベンジャーズ】全話ネタバレ一覧【最新話あり】東京卍リベンジャーズのネタバレ記事をこちらにまとめております。東京卍リベンジャーズの今までの話をこちらから振り返ることができるので、今ま...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。