東京卍リベンジャーズ

【東京卍リベンジャーズ】264話のネタバレ【マイキーの過去が泣ける・・・】

東京卍リベンジャーズ264話の要約と注目ポイントをまとめています。264話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、東京卍リベンジャーズの内容を振り返りたい方はご活用ください。

東京卍リベンジャーズ264話のネタバレ

東京卍會結成

マイキー小6の夏。マイキーは東京卍會の面々と出会った時のことを思い出していた。

そして、東京卍會を結成した日のことを思い出す。

マイキーは「ずっとこのままでいい」と考えていた。マイキーにとって東卍メンバーは本当に宝だったんですね。

強いだけじゃダメだ

が、慎一郎の死が訪れてしまう。

両親、慎一郎、そしてエマと、家族がどんどん死んでしまうマイキーの人生は冷静に考えると悲惨ですね。

トイレで「出るな、出るな」と顔を洗い続けるマイキー。これは黒い衝動関連でしょうか??

マイキーは「見ててよ慎一郎」と東卍を日本一のチームにすることを決意する。

三ツ谷たちは「少数精鋭の方がかっこよくね?」と反対するが、ドラケンは「それでオマエの心の穴が埋まるなら」と賛成し、チームを拡大していくことにしたのである。

マイキーは「強いだけじゃダメなんだ」と年内の全国制覇を目論んでいた。

そして、「オレの運命を変える二人と出会う」とタケミチと稀咲との出会いを思い出していく。

<<前の話 264話 次の話>>

【東京卍リベンジャーズ】全話ネタバレ一覧【最新話あり】東京卍リベンジャーズのネタバレ記事をこちらにまとめております。東京卍リベンジャーズの今までの話をこちらから振り返ることができるので、今ま...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。