東京卍リベンジャーズ

【東京卍リベンジャーズ】250話のネタバレ【千咒VS三途がまさかの結末に・・・】

東京卍リベンジャーズ250話の要約と注目ポイントをまとめています。250話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、東京卍リベンジャーズの内容を振り返りたい方はご活用ください。

東京卍リベンジャーズ250話のネタバレ

鶴蝶は何度殴っても倒れないタケミチのタフさに驚き息を切らしていく。

アッくんはタケミチの背中を追いかけている以上無様な格好を見せられないとフラフラになりながらも班目に挑んでいく。班目がメリケンサックで殴りかかると、アッくんは「そんな武器握ってっからよぉー、トップに立てねぇんだよ」とカウンターを決め勝利していく。

アッくんが勝利したことでさらに東卍が沸く。

イヌピーがワカに関東卍會についた理由を聞くと、ワカは「後ろにいる奴に聞いてみな」と答え、背後からベンケイがイヌピーを吹っ飛ばす。

ベンケイは「ワカほど甘くねぇから覚悟しろ」とイヌピーに迫っていく。

千咒は三途に押されていた。

千咒は自分のせいで兄弟で争うのはもう嫌だと「自分の負けでいい」と伝える。そして、マイキーに傷をつけられた日のことを謝っていく。

それを聞いた三途は「あの日何があったかテメェは何もわかってねぇ」と千咒をパイプで殴りつけ倒していった。

三途は「オマエのした事はきっかけにすぎねぇ」と意味深な言葉を残していく。

<<前の話 250話 次の話>>

【東京卍リベンジャーズ】全話ネタバレ一覧【最新話あり】東京卍リベンジャーズのネタバレ記事をこちらにまとめております。東京卍リベンジャーズの今までの話をこちらから振り返ることができるので、今ま...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。