東京卍リベンジャーズ

【東京卍リベンジャーズ】245話のネタバレ【タケミチと鶴蝶の勝負が意外な結果に!?】

東京卍リベンジャーズ245話の要約と注目ポイントをまとめています。245話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、東京卍リベンジャーズの内容を振り返りたい方はご活用ください。

東京卍リベンジャーズ245話のネタバレ

タケミチを先頭に二代目東京卍會が向かっていくと、鶴蝶をはじめ関東卍會が迎え撃っていく。

先陣を切るタケミチを見てマイキーが「一番弱ぇオマエが特攻してどうする?」「トップのテメェが負けたらチームは終わりだぞ?」と言うと、案の定タケミチは鶴蝶に殴りつけられた。

タケミチは昔を思い返していく。ガキの頃はいつも本気で自分は無敵だと思っていた。タケミチは「日本一の不良になってやる」と宣言するが、キヨマサにボコされて以降自分を「弱い」と決めつけ、何かあるとすぐに謝るようになっていた。

が、ヒナタの顔を思い出し、鶴蝶の一撃にも倒れず耐えていった。タケミチが「あの日覚悟を決めた」とキヨマサに勝った日のことを思い出し、鶴蝶に反撃の一撃を浴びせる。

鶴蝶をぶっ飛ばしたタケミチは「こんなオレでも覚悟さえ決めればアンタに届く」とマイキーに拳を突き出していく。

<<前の話 245話 次の話>>

【東京卍リベンジャーズ】全話ネタバレ一覧【最新話あり】東京卍リベンジャーズのネタバレ記事をこちらにまとめております。東京卍リベンジャーズの今までの話をこちらから振り返ることができるので、今ま...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。