東京卍リベンジャーズ

【東京卍リベンジャーズ】236話のネタバレ【タケミチがチームを創ることを宣言】

東京卍リベンジャーズ236話のネタバレを掲載しています。236話では、タケミチがチームを創ることを宣言する。そして、千冬を一人目のメンバーに誘っていく。東京卍リベンジャーズ236話の内容を知りたい方はご覧ください。

東京卍リベンジャーズ236話のネタバレ

今度はオレがオレのチームを創る

タケミチとともに花火を見に来ていたヒナタが「わぁキレー」「始めてウチに来た時も花火見たね」と感動していた。

ヒナタが「覚えてる?」と聞くと、タケミチは「もちろん覚えてるよ」「オレあの時ヒナと手ェ繋ぎたくて間違えてナオトと手ェ繋いじゃってさ」と当時の思いを語る。タケミチは「オレ、ヒナのこと守りたくて頑張ってきた」「オレがそうやってがむしゃらだったの見て色んな人が応援してくれて味方になってくれた」「守りたい人がどんどんどんどん増えていって、オレの手には負えなくなった」「でも、オレが守りたいモノは全部マイキー君が守ってくれた」「だから、マイキー君だけ不幸なんてオレ絶対嫌だ」「武蔵祭の日、諦めてたオレにヒナこう言ってくれたよね?」「君はドラケン君じゃない、マイキー君でもない、タケミチ君はタケミチ君だよ」「みっともなくたっていい、オレは花垣武道だ」「みんなを頼って巻き込んで、仲間と一緒にマイキー君を助けるんだ」「決めたよヒナ、今度はオレがオレのチームを創る、最っ高のチームを」と宣言した。





待ってたぜ、相棒

1か月後。タケミチは「チームを創る」「なら、一人目のメンバーは絶対コイツ」と千冬の元を訪れていた。

千冬が「なんだよ大事な用事って」「退院したから殴られに来たのか?」と言うと、タケミチは「そうだ、最後に会った時にオレ突き放したんだ」と思い出しながら「あのさ、なんかゴメン」「オレらしくなかったっていうか、オレ馬鹿なりに悩んじゃってさ」と話を切り出す。千冬が「そんなくだらねぇ事話に来たんならもう行くぞ」と早々に去ろうとすると、タケミチは「あっ、あのさ、オレチーム創ろうと思ってんだ、関東卍會に負けねぇチーム」「迷惑だろうけどさ、一緒に戦ってくんねぇか、千冬」とチームに誘う。千冬が「遅ぇよ」と去っていくと、タケミチが「だよな」と諦めるが、千冬は「辞表出してくるから待ってろ、店には迷惑かけれねぇだろ?」「待ってたぜ、相棒」と伝えた。

それを聞いたタケミチは「オマエ、千冬ぅぅ」と涙を流していた。

千冬が「条件は一つ、サウザンドウィンターズ」「チーム名だ、かっこいいだろ?」と言い放つと、タケミチが「サウザンドウィンターズ?どういう意味?」と聞き、千冬は「千の冬、俺の名前よ」と説明した。タケミチが「勘弁してくれよー」と返すと、千冬は「オマエの我儘に乗ったんだからここは譲らん」と言い、タケミチは「えー!?長えし言いづれえし」とじゃれ合っていた。

<<前の話 236話 次の話>>

【東京卍リベンジャーズ】全話ネタバレ一覧【最新話あり】東京卍リベンジャーズのネタバレ記事をこちらにまとめております。東京卍リベンジャーズの今までの話をこちらから振り返ることができるので、今ま...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。