東京卍リベンジャーズ

【東京卍リベンジャーズ】229話のネタバレ【千咒がサウスを瞬殺】

東京卍リベンジャーズ229話のネタバレを掲載しています。229話では、千咒が本気で戦ったことがなかったことが明らかになる。本気となった千咒はサウスを圧倒していく!?東京卍リベンジャーズ229話の内容を知りたい方はご覧ください。

東京卍リベンジャーズ229話のネタバレ

手を抜くようになったのはいつからだろう?

鶴蝶が「やっと辿り着いたぜ」「最後尾からの観戦なんてオマエらしくねぇじゃねぇかよ、マイキー」と迫ると、マイキーは「静観してるつもりだったがさすがだな、鶴蝶」と返し、鶴蝶は「オマエとは一度本気でぶつかりたかった」と告げた。

明司が「やめろ千咒」「オマエがサウスとやるのはまだ早ぇ」「オレら3人でカタをつける」と叫ぶが、千咒は「だまれ武臣」「できればこんなカタチで戦いたくなかった」「でも、このままじゃ梵が終わっちまうから」とサウスに向かっていった。

が、サウスに返り討ちにされてしまう。

明司が「やめろ千咒、ワカとベンケイが赤子扱いだったんだ」「オマエが勝てるワケねぇだろ」と叫ぶと、タケミチが「明石さん、それってどういうことですか!?」と聞き、明司は「千咒が三天と言われているのはバックに初代黒龍の肩書きがあってこそ」「千咒一人の力じゃサウスの足元にも及ばねぇ」と伝えた。

明司が「オレが悪かった千咒」「冷静さを欠いた」「だから、オマエまで熱くなるな」「今は退け、まだ早い」と説得するが千咒はサウスに向かっていき、「手を抜くようになったのはいつからだろう?」と本気を出していく。





梵の首領はジブンだ

千咒はサウスの拳を躱し蹴りを顔面に叩き込む。

さらに、追撃の蹴りをかます。

千咒は明司が「武力は金だ」「オマエという兵器にいくら出すと思う!?」と言っていたことを思い出しながら「そうだ、あの時だ」「ジブンの力が武臣を悪くしていると気付いた」と考えていた。

千咒がサウスを圧倒すると「武臣、梵の首領はジブンだ」と言い放った。

<<前の話 229話 次の話>>

【東京卍リベンジャーズ】全話ネタバレ一覧【最新話あり】東京卍リベンジャーズのネタバレ記事をこちらにまとめております。東京卍リベンジャーズの今までの話をこちらから振り返ることができるので、今ま...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。