東京卍リベンジャーズ

【東京卍リベンジャーズ】227話のネタバレ【寺野サウスの過去が明らかに】

東京卍リベンジャーズ227話のネタバレを掲載しています。227話では、寺野サウスの過去が明らかになっていく。そして、サウスの異常な強さの秘密が明かされていく!?東京卍リベンジャーズ227話の内容を知りたい方はご覧ください。

東京卍リベンジャーズ227話のネタバレ

暴君

寺野南はブラジル・リオの貧民街で育った。病弱な母と二人暮らし。娯楽は調律の狂ったピアノだけだった。

母を気にかけていたディノと呼ばれる男は異国で生まれた南に街で生きる術を教えた。初めての暴力は5歳の時、ディノの敵を殺した。

ディノは「よくやった南、今日からオマエはサウスと名乗れ」と伝えた。ディノは街の王、ギャングスターだった。この日貰った金で初めて良い靴を買い、暴力の価値を知った。

寺野南12歳の年、ディノを殴り殺し涙を流した。

暴君、寺野南は齢12歳にして完成した。

寺野南14歳の年、敵対するチームが南の家を襲撃。母が死亡。両親を亡くした南は日本に住む祖父母の元へ移住した。

2006年2月24日少年鑑別所。「サウスさん関東事変って知ってます?」「今日入ってきたヤツらがその立役者なんスよ」「横浜天竺」「六本木の灰谷兄弟、九代目黒龍総長班目獅音、元東京卍會武藤泰宏、川崎の望月莞爾、どいつも関東の顔役っス」と伝えられると、サウスは「へー、じゃあアイツらぶっ殺せばオレが関東一って事だな」「ヴィーヴォ」「じゃあ、ちょっくら日本でも俺の時代を創ってみるか!?」と極悪の世代たちを一人で倒していった。





暴力に愛された男

2007年寺野南出所。この年サウスは六波羅単代を設立。

サウスが「蘭、天竺最強だった男鶴蝶を六波羅単代に入れたい」と言うと、蘭は「鶴蝶はオマエの言う事はきかねぇよ」「元々群れが嫌いだけどイザナだから従った」と伝えるが、サウスは「心配すんな、オレぁ交渉上手だからよぉ」と笑い飛ばした。

サウスにボコボコにされた鶴蝶が「待てサウス」「オレの負けだ、無双のサウス」と降参していく。

そして現在、サウスが「どうした?梵」「もう終わりか?」と言い放つと、息を切らしたベンケイが「まだこんなバケモンがいるなんてよ」とサウスの強さに驚いていた。

鶴蝶は「初代黒龍最強コンビ、アイツらがいくら強かろうが寺野サウスには勝てない」「暴力に愛された男」と考えていた。

<<前の話 227話 次の話>>

【東京卍リベンジャーズ】全話ネタバレ一覧【最新話あり】東京卍リベンジャーズのネタバレ記事をこちらにまとめております。東京卍リベンジャーズの今までの話をこちらから振り返ることができるので、今ま...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。