東京卍リベンジャーズ

【東京卍リベンジャーズ】226話のネタバレ【ワカとベンケイが日本最強レベルだったことが判明】

東京卍リベンジャーズ226話のネタバレを掲載しています。226話では、千咒の口からワカとベンケイの正体が明かされる。2人は当時日本最強レベルの不良だった。東京卍リベンジャーズ226話の内容を知りたい方はご覧ください。

東京卍リベンジャーズ226話のネタバレ

なんでマイキーは動かねぇ!?

鶴蝶は「くっ」「なんでマイキーは動かねぇ!?」と苛立っていた。

三途が「死ねや鶴蝶」と武器で殴りかかる。

三途が「いくら喧嘩が強くたってよぉ、武器使っちまえば楽勝なんだよ」と言い放つと、灰谷蘭が「へー」「たしかに楽勝ー」と警棒で三途を殴り飛ばす。

モッチーが「おらぁああぁ」「どうした関東卍會、張り合いねぇぞ」と暴れていると、関東卍會は「六波羅幹部極悪の世代、ウワサ通りケタ違いに強ぇえ」と恐れていた。





最強コンビ

明司が「どけテメェら」と言い放つが、ベンケイが「駄目だ、武臣は頭ぁ冷やせ」と止める。

やられた六波羅の面々を見てサウスが「こりゃ100人はやられたか」「最強コンビの名は健在だな」と言う。

六波羅の不良たちが「何者だよ?あの2人」「あんなバケモンがなんで頭はってねぇんだ?」と疑問を口にすると、千咒が「ベンケイとワカ」「初代黒龍が出来るまではあの2人が関東を二分していた」「当時関東は西と東2つに割れていた」「西関東を仕切っていたのは600人の構成員からなる日本最大のチーム螺愚那六」「トップは抗争のあと返り血でその巨体が染まる事からレッドクリフと呼ばれた荒師慶三」と語る。

千咒が「そして、螺愚那六に対抗すべく東関東12のチームが集まって出来たのが煌道連合」「率いたのは白豹の異名で恐れられた男、今牛若狭」と説明を続け、タケミチは「あの2人ってそんなにスゲぇ人だったの!!?」と驚いていた。

千咒は「それぞれトップでバチバチだった2人」「そんな2人をまとめあげたのが当時無名だった男佐野真一郎」「そして関東は統一された」「武臣がよく言ってた、「喧嘩のウデで当時の日本最強は間違いなく」「あの2人だ」ってね」と語る。

ベンケイが「マイキーまで力ぁ温存しときたかったけどしょうがねぇ」と言うと、ワカは「油断すんなよ、サウスはマイキー級だぞ」と言う。

サウスが「かかって来いや、伝説ぅぅ」と叫ぶと、ベンケイとワカは「いくぞ、オラぁぁぁ」と向かっていく。

<<前の話 226話 次の話>>

【東京卍リベンジャーズ】全話ネタバレ一覧【最新話あり】東京卍リベンジャーズのネタバレ記事をこちらにまとめております。東京卍リベンジャーズの今までの話をこちらから振り返ることができるので、今ま...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。