東京卍リベンジャーズ

【東京卍リベンジャーズ】225話のネタバレ【ついに三天戦争が勃発】

東京卍リベンジャーズ225話のネタバレを掲載しています。225話では、ついに三天の3チームが対峙してしまう。武臣が冷静さを失ってしまっていることで、三天戦争が勃発してしまった。東京卍リベンジャーズ225話の内容を知りたい方はご覧ください。

東京卍リベンジャーズ225話のネタバレ

三天戦争

ついに三天の3チームが揃ってしまった。

タケミチは「だめだ、マイキー君」「今君は戦っちゃダメだ」とつぶやいていた。武臣が「ドラケンの弔い合戦だ」と叫ぶと、サウスも「三天戦争おっぱじめんぞ」と迎え撃ち、三途も「全員ぶっ殺せ」と告げていった。

抗争が始まり武臣が「ドラケンを見捨てた分際ででしゃばんな、関東卍會」と言い放つと、千咒は「やめろ梵、怒りに身を任せんな」と止めようとしていた。

マイキーは「様子を見んぞ、ココ」と言い、ココが「動かねぇのか?ボス」と返し、マイキーは「ああ、しばらく春千夜たちに任せよう」と答える。ココが「オマエ、なんとも思わねぇのか?」と聞くが、マイキーは「何を?」と無感情に返していった。





異常

サウスが「元天竺組、関東卍會を抑えとけ」「明司がめずらしく熱くなってやがる、まず梵の方をつぶす」と告げ、元天竺組が「了解」と返す。

武臣が「何笑ってやがる、サウスぅぅぅ」と熱くなっていると、千咒が「落ち着け、武臣」と止めようとするが、ワカが「オマエは動くな、千咒」「この戦争は異常だ、まだ死人が出る」「それだけ龍宮寺堅という男の死はでかいって事だ」「花垣、梵の姫をたのむワ」と告げ、ベンケイとともに抗争に参戦していった。

武臣が「サウスぅぅぅぅ」「なぜドラケンを殺した!!?」「アイツは正規の梵メンバーじゃねぇんだぞ」「殺るならオレだろうが」と叫ぶと、サウスは「それが戦争だ」と殴りかかるが「図体のワリにはパンチが軽いな」とベンケイが受け止める。

さらに、ワカがサウスに蹴りかかった。

「テメェの相手はオレらだ」とワカとベンケイが立ちはだかると、サウスは「情熱的だな、初代黒龍」と返していく。

<<前の話 225話 次の話>>

【東京卍リベンジャーズ】全話ネタバレ一覧【最新話あり】東京卍リベンジャーズのネタバレ記事をこちらにまとめております。東京卍リベンジャーズの今までの話をこちらから振り返ることができるので、今ま...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。