東京卍リベンジャーズ

【東京卍リベンジャーズ】223話のネタバレ【死にゆくドラケンが最期に東卍との思い出を思い出す】

東京卍リベンジャーズ223話のネタバレを掲載しています。223話では、凶弾に倒れたドラケンが東卍との日々を思い出していた。そして、「今行くぜ、エマ」と口にしていく。東京卍リベンジャーズ223話の内容を知りたい方はご覧ください。

東京卍リベンジャーズ223話のネタバレ

初日の出暴走

救急車に乗せられるドラケンは2005年1月1日の初日の出暴走の日を思い出していた。

ドラケンが「場地ぃ、原宿の悪倫法数の件どうなった!?」と聞くと、場地は「あんなザコ共壱番隊だけでぶっ潰してやったよ」「なあ?千冬」と答える。千冬が「場地さんに逆らう奴ぁ裸にひんむいてオレがバチボコにしました」と伝えると、ドラケンは「オマエは場地の命令ってなるとやりすぎるとこあるから気いつけろや」と諌める。

ドラケンが「赤坂の仁斗呂は!?」と聞くと、ナホヤが「とっくに潰した」と答え、ソウヤが「スマイリーがやりすぎるから止めるのに必死だったよ」と言う。

ペーやんが「どんどんデカくなってくなー東卍」とワクワクしていると、パーちんが「ああ、やっぱボスが最強だかんな」と言う。八戒が「最近マイキー君すごみ増したよね?」と言うと、三ツ谷も「ああ、たしかにな」と賛同し、ドラケンは「オレら東卍の看板、無敵のマイキーだぜ!?」と誇らしげだった。

三ツ谷が「なんか少し遠く感じちゃって寂しいよね」と口にすると、ドラケンも「まぁな」と言い、マイキーは「オイ、日の出に間に合わねぇぞ」「オマエらカメか!?」と煽っていく。



今行くぜ、エマ

ドラケンたちは満点の星空の下の海に到着する。

「やべぇってコレ」「心折れるわー」と寒さに心折れそうになりながらみんなで走っていた。

走って体が温まると三ツ谷が辺りが明るくなってきていることに気づく。ドラケンが一人たそがれるマイキーに「どうした?マイキー」と声をかけると、マイキーは「日の出だ」「ケンチン、摑めんぞ、天下」と告げ、ドラケンは「ああ、今年は全国制覇だ」と笑顔で返す。

そんな思い出を思い出すドラケンは「はは、最後に思い出すのはやっぱ東卍か」と涙を流す。

ドラケンが「今行くぜ、エマ」とつぶやく。

<<前の話 223話 次の話>>

【東京卍リベンジャーズ】全話ネタバレ一覧【最新話あり】東京卍リベンジャーズのネタバレ記事をこちらにまとめております。東京卍リベンジャーズの今までの話をこちらから振り返ることができるので、今ま...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。