東京卍リベンジャーズ

【東京卍リベンジャーズ】213話のネタバレ【ブラフマン大幹部が登場|初代黒龍創設メンバーが明らかに】

東京卍リベンジャーズ213話のネタバレを掲載しています。213話では、ブラフマンの大幹部メンバーが続々登場する。そして、そのメンバーが元黒龍創設メンバーであることが明かされていく。東京卍リベンジャーズ213話の内容を知りたい方はご覧ください。

東京卍リベンジャーズ213話のネタバレ

初代黒龍の最強コンビ

タケミチが「え?こんなちっちぇのがブラフマンのトップ?」と驚いていると、サウスは「グラツィオーソ瓦城千咒、クラっときたぜ」と言う。

「ウチのボスに何してくれちゃってんだコラァ」「でしゃばってんじゃねーず、クソチビ」と班目が前に出ると、千咒は「誰だテメェ?」と返し、班目が「オレぁ九代目黒龍」と名乗ろうとするが、突如何者かに殴り飛ばされる。

ブラフマン大幹部であり元黒龍親衛隊隊長の荒師慶三が「黒龍のツラヨゴシが、一生寝とけ」と言い放つ。

タケミチが「黒龍のツラヨゴシってどういう事?」と聞くと、乾が「初代のベンケイ君だ」と伝えていく。

ベンケイが「千咒、オレらブラフマンは今日モメにきたワケじゃねぇ、花垣武道が目的だ」と言うと、千咒は「ベンケイ、ウルサイ」と面倒臭そうに返していく。

タケミチが「そうだ、忘れてた」「ブラフマンがオレをスカウトってなんで?」と考えていると、「だからよぉ」と鶴蝶がベンケイを殴りつける。

ブラフマンの一同が「ベンケイ君が吹っ飛ばされた!!?」と驚いていると、鶴蝶は「タケミチがもし不良の世界に戻ってくるならオレら六波羅単代だ」「なぁ!?タケミチ」と言い放つ。明石が「さすが喧嘩屋を名乗るだけはある、層が厚いなロクハラぁ」と言うと、サウスは「ウデっぷしだけなら天竺ナンバーワンだった男をオレがスカウトした」と伝える。

明石が「血が踊るだろ?ワカ」と言うが、何者かが鶴蝶の背後から現れ「踊らない」と返す。

鶴蝶が「テメっ、いつの間に!?」と驚くと、ブラフマン大幹部で元黒龍特攻隊隊長である今牛若狭が「オレが殺る気だったらオマエ今立ってねぇよ」と告げる。

六波羅単代の不良たちが「オイ、あいつら何者だ?」「カクチョー君のパンチくらってすぐ立ち上がったぞ、あのデカブツ」とザワついていると、乾が「花垣、あれが生きる伝説」「初代黒龍の最強コンビ、ワカとベンケイ」と伝えていく。





はじめようか大乱闘

乾は「そして、初代黒龍副総長、軍神明石武臣」「これが初代黒龍の創設メンバー」「佐野真一郎率いる初代黒龍を日本一のチームに導いた男たちだ」と伝える。

「この人たちが」とタケミチの胸が高鳴っていると、乾は「そして今、生きる伝説たちを率いるナゾの男が無比の瓦城千咒」と告げる。

そこにドラケンが「何勝手に盛り上がってんだコラぁぁ」「とりあえずさっきの続きあンだろ?サウス」「久しぶりにエンジンがあったまってきたトコだぁ」「はじめようか大乱闘」と宣戦布告していく。

<<前の話 213話 次の話>>

【東京卍リベンジャーズ】全話ネタバレ一覧【最新話あり】東京卍リベンジャーズのネタバレ記事をこちらにまとめております。東京卍リベンジャーズの今までの話をこちらから振り返ることができるので、今ま...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。