東京卍リベンジャーズ

【東京卍リベンジャーズ】212話のネタバレ【ブラフマン首領の瓦城千咒が登場|六波羅単代のメンバーが明らかに】

東京卍リベンジャーズ212話のネタバレを掲載しています。212話では、ブラフマンがタケミチをスカウトしに来たことを明かし、六波羅単代のメンバーが続々と登場する。さらに、ブラフマン首領の瓦城千咒も登場。東京卍リベンジャーズ212話の内容を知りたい方はご覧ください。

東京卍リベンジャーズ212話のネタバレ

オマエをスカウトしにきた

タケミチが「どうなっちまうんだ!?」「六波羅単代、ブラフマン、東京三大勢力三天の内二つが集まっちまった」と今の状況にビビっていた。

サウスが「何しにきた!!?ブラフマン」と言うと、明石は「雨か」「よく真に言われた、お前は日本一の雨男だってよ」「用があるのは六波羅単代じゃねぇ」「オレが用があるのは花垣武道、オマエをスカウトしにきた」と言い放つ。

タケミチが「へ!?オレ!?」と驚き、明石が「ああ、オレはオマエが欲しい」と言うと、「オイオイオイ、聞き捨てならねぇなぁ」「そういう話ならゆずらねぇぞ!?」と六波羅単代の首席を務める鶴蝶が前に出る。

明石が「なんでテメェがサウスの下につく?」「王が死んだら鞍替えか?」と言うと、鶴蝶は「あ?テメェにだけは言われたくねぇな」「佐野真一郎を忘れたか?」と返し、明石は「あ?」とキレていく。

そこに「暴れ足んねぇのは一緒だ」「そうだろ?明石」と六波羅単代の第肆席の望月莞爾が現れる。

そして、「初代ブラックドラゴン明石武臣」「オレが九代目ブラックドラゴンの総長、斑目獅音様だっ」と六波羅単代第伍席の斑目獅音も現れる。

六波羅単代第弐席の灰谷蘭と第参席の灰谷竜胆も登場。





ブラフマン首領、瓦城千咒

タケミチが「元天竺最悪の世代が勢揃い」「六波羅単代めっちゃヤベぇチームじゃん」「こりゃあ大戦争勃発!!?」「なのに何だ?明石って奴の余裕」と感じていると、明石は「血の気が多い連中だな」「若ぇってのはいいなあ」「なぁ?千咒」と言い、一人の男がサウスに向かって傘を投げつける。

そして、サウスに蹴りを放つ。

男が「傘」と言うと、タケミチは「へ?」「あ、ハ、ハイ」と落ちた傘を渡し、男は「濡れたくねぇんだ」と傘を差す。

鶴蝶が「ブラフマン首領、瓦城千咒」と言うと、傘を差した男がブラフマン首領の瓦城千咒だと明らかになる。

<<前の話 212話 次の話>>

【東京卍リベンジャーズ】全話ネタバレ一覧【最新話あり】東京卍リベンジャーズのネタバレ記事をこちらにまとめております。東京卍リベンジャーズの今までの話をこちらから振り返ることができるので、今ま...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。