東京卍リベンジャーズ

【東京卍リベンジャーズ】207話のネタバレ【最終章開幕】

東京卍リベンジャーズ207話のネタバレを掲載しています。207話では、マイキーとの握手でタイムリープが起こり、タケミチが10年前の高二の時に戻っていく。関東卍會となったマイキーはタケミチが戻ってきたことに気づいていた。東京卍リベンジャーズ207話の内容を知りたい方はご覧ください。

東京卍リベンジャーズ207話のネタバレ

でも、あの人が「助けて」って言ってるんだ

タケミチが「どういう事だ!?」「何が起きたんだ!!?」「タイムリープしたって事!?」「しかも、12年前じゃなくて10年前」と高校生になってる自分に驚いていた。

そこにアッくんたちが現れタケミチに声をかける。

タケミチが「みんなもオレも高二になってる」と感じていると、「ウィ、タケミっち」と見知らぬ男が声をかけてくる。

山岸が「八戒ってさぁ、なんか全体的に見かけ倒しだよなー」と言ったことからこの男が柴八戒であることが明らかになる。

タケミチは「みんなちょっとだけ大人になってる」と驚いていた。

タケミチが「あのさ、千冬は?」と聞き、千冬のいる教室に向かう。

タケミチが涙ぐみながら「千冬ぅう、オレ、未来のマイキー君と握手したんだ」と伝えると、千冬は「え?」「オマエまさか、未来のタケミっちか!!?」と驚き、タケミチは「そしたらっ戻って来ちゃった」と言う。千冬が「え?なんで!?」と聞くと、タケミチは「わかんねぇ」「でも、あの人が「助けて」って言ってるんだ」と返す。





最終章開幕

「忘れんなよ、東京にオレら以外の暴走族はいらねぇんだよ」と関東卍會となった九井がのした不良に言い放つ。

三途も「絶景」「ウチのボスの無敵っぷりが加速してんな」「1人でやっちゃうんだもん」と言う。

大量の倒れた不良の中に立つマイキーが「来たか、タケミっち」とつぶやく。

関東卍會メンバーらしき男たちの姿が描かれる。

東京卍リベンジャーズ最終章開幕。

<<前の話 207話 次の話>>

【東京卍リベンジャーズ】全話ネタバレ一覧東京卍リベンジャーズのネタバレ記事をこちらにまとめております。東京卍リベンジャーズの今までの話をこちらから振り返ることができるので、今ま...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。