東京卍リベンジャーズ

【東京卍リベンジャーズ】205話のネタバレ【半間と稀咲の過去が明らかに】

東京卍リベンジャーズ205話のネタバレを掲載しています。205話では、半間と稀咲が出会った時のエピソードが明らかになる。そして、半間は死んでしまった稀咲の墓の前に来ていた。東京卍リベンジャーズ205話の内容を知りたい方はご覧ください。

東京卍リベンジャーズ205話のネタバレ

歌舞伎町の死神

2005年7月。「あのノッポ、ヤバ」「10人相手に一方的」「両手に罪と罰の刺青」「ありゃあ、有名な歌舞伎町の死神、半間修二」と半間が噂になっていた。

当時16歳の半間は「この色の無ぇ毎日が死ぬまで続くのかよ」と感じていた。

愛美愛主総長の長内が「半間ァ、オマエに会いたがってる奴がいる」「ついてこい」と半間に声をかける。

半間が連れて来られたのは稀咲の元で、稀咲は「君が死神?」「オレの駒になれ、半間修二」と言い放つ。

半間は「気に入った」「何を気に入ったかはわかんねぇ」「他の不良共とは色が違う気がした」と考えていた。

稀咲がキヨマサを唆していたのを思い出しながら半間は「稀咲は人の心を摑むのが得意だった」と振り返っていた。

パーちんのことを唆しているのを思い出しながら「決して目立つ事はせず裏から人の心を操った」と振り返っていた。

さらに、稀咲は「つらいっスね」「パーちん君、見放したドラケン君を許しちまったらパーちん君に合わす顔無いっスよね」とパーちんを唆していた。

稀咲が「忘れんなよ、半間」「テメェも道具だ」「使いモンになんなかったら交換するだけ」と伝えると、半間は「ひゃは、好きだぜその生き方」「オマエといるとよぉ、世界に色がつくんだ、サーカスみてぇーにさ」と返していた。半間は「そう、稀咲はまるでサーカスみてぇに、新しい舞台を創りつづけ、オレを楽しませた」と振り返る。

稀咲が「半間ぁ、一つ聞きてぇ」「オマエはなんでオレについてくる?」と聞くと、半間は「さぁ?オマエが死んだら教えてやるよ」と返していく。稀咲が「なんだそりゃ?」と言うと、半間は「ひゃは、約束だ」と返す。



死神と道化

バイクで稀咲を迎える半間が「自分の手ぇ汚すなんてらしくねぇじゃん、稀咲」と言うと、稀咲は「必死なんだよ、オレも」「主役になれねぇのはわかってる、オレは道化だ」「それでも欲しい物は手に入れる」と返し、半間は「へー、初めてオマエの本音聞いた気するよ」と伝えていく。

稀咲の窮地に半間がバイクで駆けつけ「いっこ貸しだぜ?稀咲ィ」「まだまだこれからだろ?稀咲」と告げる。

事故に遭い血だらけになった稀咲を見た半間は「派手に逝ったなぁ」と涙を流す。

2008年6月。半間は稀咲の墓の前に来ていた。

半間は「約束通り話に来たぜ」「さて、語り明かそうか、稀咲ィ」「死神と道化について」と語り出していく。

<<前の話 205話 次の話>>

【東京卍リベンジャーズ】全話ネタバレ一覧東京卍リベンジャーズのネタバレ記事をこちらにまとめております。東京卍リベンジャーズの今までの話をこちらから振り返ることができるので、今ま...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。