東京卍リベンジャーズ

【東京卍リベンジャーズ】161話のネタバレ【ソウヤと八戒が末っ子同盟を組む】

東京卍リベンジャーズ161話のネタバレを掲載しています。161話では、ソウヤと八戒が灰谷兄弟のコンビネーションに苦戦していく。そして、末っ子同士で末っ子同盟を組んで戦うことに。東京卍リベンジャーズ161話の内容を知りたい方はご覧ください。

東京卍リベンジャーズ161話のネタバレ

末っ子同士

竜胆が「年季の違い見せてやろうぜ、兄貴」と構えると、蘭は「そう張り切んなよ、竜胆」と言う。

一方、ソウヤと八戒は灰谷兄弟のコンビネーションに苦戦していた。

それを見た千冬は「アングリーと八戒!?」「そのタッグはヤベェだろ」と危惧していた。

林道が「次は脚いくぞ、こらぁぁあ」と突っ込んでくると、八戒が「どうにかしてコイツらのペース乱さねぇと」と竜胆に殴りかかる。

八戒が「蘭が来るぞ」と叫ぶと、ソウヤが蘭に殴られてしまった。

そして、竜胆に八戒が関節技を決められる。竜胆が「関節をどう曲げりゃ人が悲鳴上げるか熟知してんだよ、こっちは」と言うと、さらに蘭が警棒で殴りかかってくる。

竜胆が「弱っ」と言い捨てると、蘭は「コイツらコンビネーションゼロだな」と言い、一方のソウヤと八戒は「コイツらのコンビネーションはヤベェ」と感じていた。

ソウヤが「せっかく竜胆の動き読めそうになってきたのに、オレの動きちゃんと見てよ、八戒」と言うと、八戒は「動きが読めそうだと?」「だったら先に言えよ」と返し、同時に「あーあ、スマイリー(ユズハ)ならわかってくれるのに」と口にする。

八戒が「テメー、自分の事棚に上げて何言っちゃってくれてんの?」とキレると、ソウヤも「キミこそ姉ちゃんに頼るって何?」とブチギレる。

それを見た千冬は「やっぱりあの二人はヤベェ」「なんせアイツら、末っ子同士」「ワガママ・甘えん坊・無責任」「末っ子だからこそ甘やかされて育ったダメなところを全部持ってる二人」と嘆いていた。





末っ子同盟

それを聞いた八戒が「千冬、テメェ殺すぞ」とキレ、ソウヤも「こんなデカバカと一緒にしないでよ」とキレると再び睨み合い、その隙に灰谷兄弟にやられてしまう。

蘭が「今度は兄貴連れてこい」と告げると、竜胆は「兄貴の陰に隠れとけ」と言い放つ。

やられた八戒が「ゲロ強ぇな、灰谷兄弟」と言うと、ソウヤは「こんな時、スマイリーがいたらなぁ」「大事な時にいないんだもんな」と立ち上がり、八戒も「こういう時に役に立たねぇんだよ、ユズハも」と立ち上がる。

八戒が「スネかじりだってよ」と言うと、ソウヤも「キミもね」と返す。ソウヤが「兄貴の陰に隠れ放題」と言うと、八戒も「オマエもな」と返す。八戒が「似たもの同士だな、オレら」と言うと、「オレら、末っ子同盟じゃい」「他力本願の意地、見せちゃるワイ」と灰谷兄弟に突っ込んでいく。

<<前の話 161話 次の話>>

【東京卍リベンジャーズ】全話ネタバレ一覧【最新話あり】東京卍リベンジャーズのネタバレ記事をこちらにまとめております。東京卍リベンジャーズの今までの話をこちらから振り返ることができるので、今ま...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。