東京卍リベンジャーズ

【東京卍リベンジャーズ】155話のネタバレ【イザナがペーやんを瞬殺するほど最強の強さだった】

東京卍リベンジャーズ155話のネタバレを掲載しています。155話では、東卍の勢いが止まらず、タケミチは稀咲の元を目指していく。が、イザナがペーやんを瞬殺し、東卍の勢いを止めていく。東京卍リベンジャーズ155話の内容を知りたい方はご覧ください。

東京卍リベンジャーズ155話のネタバレ

稀咲までの道はなんとしてもあける

タケミチが突っ込んでいくと天竺の不良とぶつかる。

千冬が「大丈夫か!?タケミっち」と声をかけると、ペーやんが「雑魚は任せろ、タケミっち」と天竺の不良を振り回しながら相手をなぎ倒していく。

天竺の不良が襲いかかるが八戒が迎撃する。

ソウヤが「タケミっちの行く先に道を作れぇぇ」と叫ぶと、アッくんたちも呼応する。

千冬が「ついてこい、タケミっち」「稀咲までの道はなんとしてもあける」「オマエは絶ッ対ェェあの野郎をぶっ飛ばせ」とタケミチの道をこじ開けると、タケミチは稀咲への道を突き進んでいく。

タケミチは「あの時は顔さえ知らなかった」「ついにここまで来た」「稀咲を真ッ正面からぶっ潰せる」「稀咲は絶ッ対ェタイムリープしている」「だから歴史をどう変えても未来は結局変わらなかった」「もう一人のタイムリーパー、稀咲」「今度こそテメェをぶっ飛ばして未来を変える」と稀咲の元に向かっていく。





勢いは止めた

イザナが「ぶちあがってんな、東卍」「獅音、テメェは2年前と何も変わんねぇ」「マイキーに負けて黒龍を潰したあの頃とよぉぉ」「マイキーが強ぇーんじゃなくてテメェが弱すぎたんじゃねぇの!?」「このままじゃ天竺まで舐められちまう」と前に出ていく。

ペーやんが「オレが参番隊隊長代理林良平じゃいぃ」と暴れていると、天竺の不良たちは「くそっ、なんだコイツ」「バケモンか!?」「勢いが止まんねぇ」とビビっていたが、イザナが「どけ」「まぁ、敵討ちって性分でもねぇけどさ、相手してくれよ」とペーやんと対峙する。ペーやんが「大将首ぃいぃ」と突っ込んでいくが、イザナはペーやんを瞬殺する。

ペーやんが一撃で意識を失うと、イザナは「うん、勢いは止めた」とつぶやく。

<<前の話 155話 次の話>>

【東京卍リベンジャーズ】全話ネタバレ一覧【最新話あり】東京卍リベンジャーズのネタバレ記事をこちらにまとめております。東京卍リベンジャーズの今までの話をこちらから振り返ることができるので、今ま...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。